ヘッドラインHEADLINE

アマモの種まき☆ウメイロモドキ@小坪閲覧無制限

カテゴリ:
行ってきたレポ
タグ:

空気はちょっと冷たいけど湘南ダイバーは元気!
晴天の中、本日は《小坪ダイビングセンター》で開催された三浦・湘南ECOダイバーズの“鎌倉・小動産アマモ「種まき」イベント”を取材。
6月に種を採取したアマモの種をポッド(水中の植木鉢のようなもの)に植え、来年2月の植え付けまで育てようというもの。
※6月のイベントのレポートは↓
http://diving-commu.jp/divingspirit/item_4149.html


高く澄んだ青空の下、総勢31名のゲストダイバーが集合!
参加サービスは、ウエストビーチ逗子・葉山ダイビングリゾートNANAビーチバムラウトラボンバ(50音順)


午前中はファンダイビング。私もカメラを持って「大鷹根」へ。
透明度は残念ながら5〜6m程度だったものの、鮮やかなソフトコーラルの周辺には群れやウミウシが。 
 

「キレイだな〜」なんて、キンギョハナダイの群れを眺めていると、
1匹おかなしなヤツが。。。
 

ん? もしや???

 
やっぱりウメイロモドキ!

スタッフに聞いたところ、「大鷹根」のブイ下トップあたりで、1カ月ほど前から観察されているとのこと。
完全に自分のことを“キンギョハナダイ”と思っているらしく、他のキンギョハナダイに体をスリスリしながら快適そう。
現在、水温16℃。頑張れウメイロモドキの赤ちゃん!

今年の逗子・小坪は季節来遊魚が充実し、
クマドリカエルアンコウが複数のスポットに根ついているほか、タテジマキンチャクダイの幼魚も観察できるとのこと。

アマモの種まきや、同時開催のフォトコンの様子は後編で!

ページトップへ