ヘッドラインHEADLINE

家族で体験&ダイビング@古宇利島閲覧無制限

カテゴリ:
日本全国潜り歩き
タグ:

多忙の和尚と別行動で、マリンレジャーが盛んな「古宇利島(こうりじま)へ」。
古宇利島は、本当北部の今帰仁村から、屋我地島(やがちじま)を経て橋で続く小さな島。


一般道としては日本最長である「古宇利大橋」を渡り島内へ。

島には、唯一のダイビングサービス《ザンマリン》が。
店名の“ザン”とはジュゴンの意味。古宇利島の周辺にはアマモが群生する海域もあり、ジュゴンの生息が確認されている。

 
夏場は体験ダイビングやスノーケリングの申し込みも多い《ザンマリン》。古宇利大橋を眺めながらボートで島の周囲に点在するスポットへ



家族連れで申し込むゲストも多く、両親はダイビング、お子さんは体験ダイビングorスノーケリングなんてアレンジも可能。
スポットまではボートに乗って5〜10分程度なので、船酔いの心配は無用。ボートからチャポンと飛び込めば、トロピカルフィッシュが舞う鮮やかな景観が広がる。

 
ボートに乗って5〜10分程度でスポットに到着。同じボートでスノーケリング、体験ダイビング、ファンダイビングが楽しめる

 
体験ダイビングでもクマノミ各種など、さまざまな生物を観察できる。これでお子さんの「夏休みの日記」はバッチリ?


研修の合間に体験ダイビングを楽しんでいた広島大学の先生&生徒さん。船の時間が決まっているため、2時間程度あれば、フラッと訪れてサクッと海を楽しめるのが魅力。

ファンダイビング編へ続く

ページトップへ