ヘッドラインHEADLINE

地形&サンゴで島時間@古宇利島閲覧無制限

カテゴリ:
日本全国潜り歩き
タグ:

本島北部、今帰仁から橋で続く古宇利島。
(前編:体験ダイビング編はこちら) 

島唯一のダイビングショップ《ザンマリン》のオーナー玉城さんは、古宇利島出身でマリンレジャー歴20年。
5年前に同店を開き、スノーケリングや体験ダイビング、そしてファンダイビングで古宇利島の海の素晴らしさを紹介している。



古宇利島の周囲はサンゴに囲まれており、沖に出ると大小のクレバスやドロップオフを楽しめる。
 

まだまだダイビングエリアとしての歴史は浅いため、手つかずのスポットも多い。
「テーブルサンゴやリュウキュウキッカサンゴが繁茂するスポットもキレイですよー」 とは玉城さん。
じっくりファンダイビングを楽しみたいなら、スノーケリングや体験ダイビングのゲストが一段落する10〜5月がベスト。

リュウキュウハタンポが幻想的に群れる洞窟も。



http://www.youtube.com/watch?v=FQ-gDVUiDVI

島はグルッと1周10分程度。あちこに点在する食事処では、名物の「ウニ丼」を楽しめる。
 
左:ウニ丼がピカイチの「しらさ食堂」 右:プライベート感たっぷりのビーチが各所に

気軽に島気分を楽しむならオススメのロケーション。泊まりで楽しむのグッド!

古宇利島でお世話になったのは!
《ザンマリン》
http://www.zanmarine.net/

古宇利島出身のオーナーが切り盛りする、島唯一のダイビングショップ。
家族で体験ダイビング&ファンダイビングなど、さまざまなリクエストに対応。
1ダイブでクマノミ6種を見られるスポットや、テーブルサンゴが美しいスポットなど、シークレットポイント多数。

ページトップへ