SEA&SEAのデジカメ新製品

この記事は約2分で読めます。

ダイビング撮影機材メーカー、SEA&SEA(シーアンドシー)より、
「1G」の後継機となるコンデジの新製品「DX2-G」がリリースされました。

レンズは3ミリ判換算で焦点距離24〜72ミリ。
「1G」の最たるセールスポイントでもあった最短撮影距離については、
「2G」も、ワイド端で約1センチ、テレ端で約4センチと十分。

何より、海の“青”を表現するための「SEA&SEAモード」が搭載されている。
気になる価格は128,100円とちょっと高め!?

ダイビング シーアンドシー カメラ

 



>シーアンドシー・サンパックは、コンパクトデジタルカメラと防水ハウンジグのセット「DX-2Gカメラハウジングセット」を発売した。価格は128,100円。

同製品は、同社のコンパクトデジタルカメラで有効1,210万画素の「2G」と耐圧水深55mまで対応の防水ハウジング「DX-2G」をセットにしたモデル。

 2Gは焦点距離24〜72mm(35mm判換算)のレンズを搭載し、ワイド端で約1cm、テレ端で約4cmまでの接写が可能。24/28/35/50/72mmの間隔でステップズームの設定ができる。開放F値はF2.5〜4.4。また、電子水準器を装備しており、カメラの水平状態を確認できる。

 美しい「ブルー」の写真が撮影できるようカラーバランスがセッティングされている「SEA&SEA」モードを搭載。そのほか、最大解像度640×480ピクセルの動画撮影にも対応している。

 DX-2Gは、同社の「DX-1G」をベースに、操作感に改良を加え、カメラ本体の撮影に関するボタン類を押しやすくしているという。

Digital Freakより)

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW