人気のミラーレス一眼・SONY NEX-7に対応したRecseaハウジング・RDH-SNEX7

この記事は約5分で読めます。

日本のハウジングメーカー・Recsea(レクシー)からの新商品のご紹介です。
SONYのミラーレス一眼カメラ・NEX-7に対応したハウジング、RDH-SNEX7。

Recsea RDH-SNEX7

SONYのNEX-7に関するレビュー記事などは、こちらをご覧ください。
2010年の登場以来、人気を集めている「NEX」シリーズの最新作であり、最上位機種です。

このハウジングの特徴、大きく分けて5つあります。
いずれの特徴も、Made in JapanなRecseaならではの技術力が生かされたハウジングです。

1.マニュアルフォーカスが可能なフォーカスギア
2.カメラのフル操作を容易にする大型コントロールダイヤル
3.手ブレがしにくいトリガー式シャッター
4.トレーの取り付けが不要なジャストフィット構造
5.SONY純正のレンズに対応する多彩なポート

それぞれ、ご説明していきます。

1.マニュアルフォーカスが可能なフォーカスギア

Recsea RDH-SNEX7

本体左側についているフォーカスギア

本体の左側にあるフォーカスギアのおかげで、フォト派には欠かせないマニュアルフォーカスが可能となっています。

本体を構えながら、ストレスなく左手でマニュアルフォーカスが操作できます。

フォーカスギアによるマニュアルフォーカスの具合が分かる動画はこちら。
(45秒の説明動画です)

2.カメラのフル操作を容易にする大型コントロールダイヤル

Recsea RDH-SNEX7

背面の大型コントロールダイヤル

背面にはダイヤルとボタンが一体化したコントロールダイヤルを装備。
同じくRecseaのWHC-S100の紹介記事でも書いたのと同じ機能です。

従来の小さなボタンが一つずつある形だと、どうしても水中で押しにくかったりしましたが、この大型のダイヤルならとてもスムーズに操作が可能です。

コントロールダイヤルを動かしている動画はこちら。
(28秒の短い動画です)

3.手ブレがしにくいトリガー式シャッター

Recsea RDH-SNEX7

ここがトリガー式シャッター

Recseaの他のハウジングでも採用されている設計。
上から押すのではなく、引き金を引くような感覚でシャッターを切ります。

これによって、半押しの感覚がより分かりやすくなり、さらには手ブレを減らすことに成功しています。

トリガー式シャッターによって安定した撮影ができることが分かる動画はこちら。
(24秒の短い動画です)

4.トレーの取り付けが不要なジャストフィット構造

他のRecseaのハウジングと同様に、カメラ本体にトレーを付ける必要がありません。

特に陸上でもカメラを使っていると水中ハウジング用にトレーを付けるのが面倒な場合もありますが、その手間が要らないのは嬉しいですね。

Recsea RDH-SNEX7 Recsea RDH-SNEX7

5.SONY純正のレンズに対応する多彩なポート

以下のSONY純正のレンズに対応するポートが、大きく分けて合計4種類用意されています。

・E16mm F2.8レンズ
・E16mm F2.8レンズ+フィッシュアイコンバーター
・E18-55mm F3.5-5.6 ズームレンズ
・E30mm F3.5マクロレンズ

以上、RecseaのRDH-SNEX7の5つの特徴のご紹介でした。

こんな方におすすめ

以上のような特徴をもったこのハウジング、こんな方々におすすめです。

・デカい一眼までいかなくても、ミラーレス一眼でしっかり写真を撮りたい方
・SONY NEX-7の機能を水中でもしっかり使いたい方

オーシャナのインターネット通販カテゴリ・Dive Marketでは、この商品もお取扱いしています。
各種ポートやクローズアップレンズなども販売しているので、一式取り揃えることも可能です。

Dive Marketだけのオリジナル特典

Dive Marketのポイントが溜まるほか、Dive Marketでご購入いただいた方へオリジナル特典として、このハウジングの使い方オリジナル動画を差し上げています。
動画では、各機能のご説明のほか、純正レンズをポートにつける際のギアの取り付け方なども分かりやすくご紹介しています。
また、PCで見たい方・スマートフォンで見たい方、みなさんの視聴ご希望の形に合わせたファイル形式をこちらでご用意いたします。

Recsea RDH-SNEX7のスペック

サイズ:幅162mm、高さ105mm、奥行き73.5mm(突起物含む)
重量:陸上で約800g(ハウジング本体のみ)、水中で約160g(18-55mmレンズ使用時)
耐圧水深:本体100m(ポートはポートによる)
本体素材:耐食アルミ
定価:税込155,400円(標準ブラックアルマイト)

※オプションでカラー塗装可能(以下の中から選択)。
 カラー塗装の場合、税込165,900円。

recseaハウジングカラー塗装

詳しい付属品などは、この商品の物販ページをご覧ください。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW