Canon EOS 5D Mark III用ハウジングSEA&SEA MDX-5D Mark III発売

この記事は約3分で読めます。

日本の水中カメラハウジングメーカー、SEA&SEAからCanon EOS 5D Mark IIIに対応したハウジングが発売されています。

SEA&SEA MDX-5D Mark III

EOS 5D Mark IIIは、フルサイズのCMOSセンサーを搭載し、高感度撮影もパワーアップした、キヤノンのミドルクラス・デジタル一眼カメラ。
すでに人気機種となっており、レビューについては、これらの記事をご覧ください。

オーシャナでは、越智隆治がこのハウジングを使用し始めており、いずれ使用感のレビュー記事をアップする予定です。

以下、このハウジングMDX-5D Mark IIIのスペックをご紹介します。

[材質]ボディ/耐腐蝕アルミ合金(削り出し)
グリップ/耐腐蝕アルミダイキャスト
[耐圧水深]100m
[本体サイズ]幅341mm×高さ165mm×奥行140mm
[重量]約2,500g(ハウジングのみ)
[定価]¥270,000(税込¥283,500)

VF180 1.2x / VF45 1.2xに対応

SEA&SEA MDX-5D MarkIIIストレート(180°)ビューファインダーVF180 1.2xや45°ビューファインダーVF45 1.2xをハウジングの接眼部に装着すると、拡大倍率が1.2倍となり、全視野をクリアに見ることができます。
厳密な構図決めやピント合わせにこだわる方へおすすめします。

グリップに手を添えたままの快適な操作感を徹底追求

マニュアル撮影には欠かせないSEA&SEA MDX-5D MarkIIIメイン電子ダイヤル、サブ電子ダイヤルの操作系を筆頭に、動画撮影時に必須となる各操作系にもストレスなくアクセスできるよう、独自構造をさらに極めました。
他では味わえない適切なクリアランスは、理想的な撮影ポジションに応える高いホールド性を実現しています。

暗い環境下でも視認がしやすいよう、各ボタン操作部に蓄光シールを採用

SEA&SEA MDX-5D MarkIII

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW