ocean+αヘッドラインHEADLINE

この1週間の海ニュースまとめ(2012.12.25)閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム

この1週間(2012.12.17~12.24)に報じられた海・ダイビングに関するニュースをまとめました!
今回は三連休明けということで、火曜日にお届けします。

見逃している情報・ニュースがあればどうぞチェックしてください!

この1週間の海ニュースまとめ

NHKと読売新聞社は19日、共催する特別展「深海」を2013年7月6日から10月6日まで、東京・上野の国立科学博物館で開催すると発表した。

来年7月から「深海」の特別展 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

海洋研究開発機構は2013年早々から1年かけて有人潜水調査船「しんかい6500」を使って、世界周航研究航海に挑む。
インド洋やブラジル沖、カリブ海、太平洋の四つの海域を周り、生命の生存限界に近い海洋の極限環境域での生態系を総合的に調べる。同調査船が世界周航の研究航海を実施するのは15年ぶり。

海洋機構、有人潜水調査船「しんかい6500」で世界周航研究航海:日刊工業新聞

水産総合研究センターは減少が続くサンゴ礁の回復につながる技術を開発した。生まれて間もないサンゴを海の中で従来の20倍の効率で育てる実験に成功した。

サンゴ育成、生存率20倍 水産総合研究センターが技術開発 :日本経済新聞

大規模なニホンアワサンゴの群生地が確認されている周防大島町沖の瀬戸内海国立公園内の海域(4か所、計56・4ヘクタール)について、環境省の中央環境審議会は19日、「海域公園地区」に指定することを正式決定した。国立公園内での指定は県内で初めて。町や住民は「町の新たな魅力としてPRできる」と歓迎している。

周防大島沖海域公園決定…サンゴ群生地、住民ら「新たな魅力」 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

ウラジオストックでダイバー犬として世界的に有名だったダックスフントのボニファツィーが死亡した。インターファックス通信が伝えた。ボニファツィーはダイバースーツに身を包み、潜水ができる稀有な犬として知られていた。

ウラジオストック ダイバー犬として世界的に有名だったダックスフント 死亡: The Voice of Russia

石川県内の海岸で、フグの70倍の猛毒を持つ魚「ソウシハギ」が相次いで見つかって いる。これまで県内ではほとんど確認されていなかったが、今年は11月以降、少なくと も輪島、羽咋、かほく、能登、宝達志水の5市町で報告事例がある。

猛毒ソウシハギに注意 石川県内海岸で次々発見 – 北國・富山新聞ホームページ

北海道えりも町の海岸で、しけで打ち上げられた「ブリコ」を回収する作業が続いている。ブリコはハタハタが海藻類に産み付ける卵の塊で、ハタハタの食べた餌の色によってブリコの色が異なると言われる。しけの後などには、赤、紫、オレンジ、緑などのブリコが打ち上げられ、海岸は宝石をちりばめたようになる。

海岸に宝石?色とりどりの「ブリコ」 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

野生のイルカの群れを見ることができる海が、九州は熊本の天草にあると筆者が聞いたのは半年ほど前のこと。それもイルカの王様といってもいいミナミハンドウイルカが、観光船のすぐ近くまで寄ってくるのだという。真意のほどを確かめるべく、ライターの清田進が天草市五和(いつわ)地区の二江(ふたえ)を訪ねた。

遭遇率100%! 熊本県天草で野生イルカの天然パフォーマンスに魅せられる | マイナビニュース

カテゴリ:
徒然コラム

ページトップへ