ヘッドラインHEADLINE

ジープ島 フィーバーウィーク閲覧無制限

カテゴリ:
徒然コラム
タグ:

この1週間、ジープ島で始まり、ジープ島で終わった。
最初はダイビング関係団体JCUEが主催した
中村征夫さんが昨年末出版した写真集「ジープ島」の出版記念パーティー。
JCUEは去年から「土門拳賞」受賞のお祝いをしたかったそうだが、
この日一緒にお祝いをされていた。
写真集の本文を執筆した中村たまおさんもいらしたのだが、
ほとんど話ができず、残念!
すごーく飲むのが好きだということが後日、わかり、
いつかご一緒してみたい(笑)。
マコっちゃんやテラが日記を書いていたのでパーティーの詳細は省くが、
人数合わせで行ったはずなのに満員御礼!
さすがです。
以前、征夫さんは
「ジープ島ってさー、若い人が多くって、僕が誰かを知らない人がいっぱいいて。
おじさん、写真上手だねーとか、
一番笑ったのは、
おじさん、帰国してからどーすんの?なんて心配されちゃうんだよ(笑)」
とおっしゃっていたが、これを機に若年層のファンも増えるのでは!


ちなみに、3月23日(日)?のテレビ東京「ソロモン流」では
征夫さんがらみの番組内でジープ島も紹介されるらしい。
また、GWには八重洲のデパート(すみません、ド忘れ)でも
ジープ島(ほかに紅海、東京湾の写真もあるそうです)で
撮影された作品も多数出る大きな写真展が開催される。
さて、ウイークデーは
「ジープ島はおもしろい?」
という質問も結構プロカメラマンから来た。
噂によると、有名なTJさんも「行きたい」と言っているらしい。
そして、昨夜。
ジープ島の主宰者、吉田さんを囲む会が田町で行われた。
お客さんだけ、内輪の会だったようで、人数は昨夜は30名ほどだったが、
先日開催されたパーティーには70名ほど集まったとのこと。
(写真は昨夜撮影したものです!)
吉田さんは去年、エッセイを出版されているが、
その書籍に写真をたくさん提供していた宮地さんというカメラマンもいらしていた。
私は1時間ほど遅れて行ったのだが、
2時間以上ずーっとみんなしゃべりっぱなし。
10年以上ぶりにお会いした吉田さんは、
貫禄も増し、しっかり”島の主”になっていた。
最近、ジープ島には
男女別々にざこ寝できるように、
建物がもうひとつできたそうだが、
バケツ1杯の水と、本当に寝るだけのスペース、
そしてみんなで食べる食事。
あとは島でのーんびり過ごしたり、
海で遊んだり、
潜りたい人は潜ったり・・・
朝日に夕日、満天の星と
普段は忘れている地球と宇宙の営みがありがたく思えます!
とにかく自然は一番!!
と、皆さんが口をそろえて話していた。
うーむ、アツイぞ、ジープ島。
ちなみに、昨夜のパーティーで、
私が”寺子屋の和尚”と一緒に仕事をしているという話をしていたら、
遠くで聞いていた方が
「えっ!? 和尚さんなんですか??」
とキラキラ光る瞳で私を見つめて聞いてきた。
「・・・・・」爆笑
いや、私は和尚ではありませんから。
オンナだし。

ページトップへ