和歌山のクジラ依然湾内に

この記事は約2分で読めます。

和歌山県田辺市の内ノ浦湾に迷い込んだマッコウクジラ。
依然湾内にとどまっています。

ダイビング クジラ

 



>和歌山県田辺市の内ノ浦湾に迷い込んだ体長約12〜13メートルのマッコウクジラを湾外に追い出す「救出作戦」が15日朝から再開されたが、クジラはほとんど動かず1時間ほどで中止された。
(Asahi.comより)

>14日から和歌山県田辺市の漁港に迷い込んでいるマッコウクジラは16日も湾内に留まったままで、田辺市による監視が続いています。

 和歌山県田辺市の内之浦湾にマッコウクジラが迷い込んでから16日で3日目です。

 クジラは依然として動く様子はなく、湾内でほんの少し移動してはいるもののかなり衰弱している様子です。

 市は16日は救出作業は行わず、潮を吹く回数を調べてクジラの呼吸の状態をチェックしています。

「(潮を吹く回数は)1、2分〜3分に1回くらいです。10分に1回ぐらいになったら上に報告するように言われています」(田辺市の職員)

 当面、24時間体制での監視が続きそうです。
MBSニュースより)
 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW