まったく新しいウミウシ本「ひみつのウミウシ」発売

この記事は約2分で読めます。

写真集でもない、図鑑でもない、新しいウミウシの本が発売されます!

その名も、「ひみつのウミウシ」。
素朴ながら楽しげなタイトルです。

ひみつのウミウシ(水谷知世)

著者(写真と文)は、八丈島のレグルスダイビングでガイドをされている水谷知世さん。

ウミウシの美しさや風変わりな姿・形が見られる他にも、ウミウシの暮らしぶりや習性などの科学面、海での探し方や撮影方法、撮影した写真の整理術(!)までを細かく紹介した、まったく新しいタイプのウミウシ本となっています。

その水谷知世さんから、当サイトにコメントをいただきました。
以下、そのままご紹介いたします。

======================================================================

この本は、写真集でもなければ、図鑑でもない、ましてや難しい解説本でもない、ウミウシのいろんなことについて書いた本です。

著者はダイビングのガイドが本業で、ウミウシの専門家ではありませんが、たくさんのウミウシ、たくさんのウミウシ好きなダイバーと出会う機会を持っています。
そんなガイドの目線で、より多くの人たちにウミウシという生き物を紹介したい。
ウミウシ好きな仲間を増やして、みんなで一緒に楽しみたい。
そんな気持ちで作った本です。

広い海の中に生きる、とても小さな生き物ですが、その姿に多くの人たちが癒されています。
この本を通して、新しい仲間が増えますように!

======================================================================

すでにウミウシ好きな方だけでなく、ウミウシが少しだけ気になっている方もぜひどうぞ!

◇そのほか、最近の海・ダイビング関係の写真集
中村卓哉“写真絵本”「わすれたくない海のこと 辺野古・大浦湾の山・川・海」発売 « スキューバダイビング.jp
深海生物を集めた人気の写真集、第二弾が発売 « スキューバダイビング.jp

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW