東伊豆・川奈の定置網にジンベエザメがかかる

この記事は約2分で読めます。

2011年8月9日(火)の朝、東伊豆・川奈の定置網にジンベエザメがかかりました。

川奈の現地ダイビングサービス、川奈日和オアシスのスタッフさんが漁船に乗って見てきた様子を紹介してくださっています。

川奈の定置網にかかったジンベエザメ
(写真:川奈日和)

川奈の定置網にかかったジンベエザメ
(写真:オアシス)

定置網にかかったのは、3mほどのジンベエザメの子ども。
この後、漁師さんたちが無事に逃がしてあげたとのことです。

今年は太平洋側沿岸でジンベエザメをはじめとして大物がよく見られていますね。

漁師さんの話では、川奈でも数年に1回は定置網にジンベエザメがかかるそう。
しかもその漁場は、川奈のボートダイビングポイントに向かう途中に通過しているところだったようです(港からわずか5分のポイント!)。

ちょっとワクワクする目撃談でした!

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW