生物が逃げにくい赤色光つき・フォト派向け極小LEDライトSOLA PHOTO 600発売

この記事は約4分で読めます。

SEA&SEAから、フォト派ダイバー向けの極小LEDライト、SOLA PHOTO 600が発売されました。

sola photo 600(SEA&SEA)

こちらも今回発表された他のライトと同じく、アメリカの実績あるライトメーカー・LIGHT&MOTION社製。

こちらも1月のDIVE BIZ SHOWで発表されていた商品です。
その時の取材記事はこちらをご覧ください。

写真撮影に適したこのライト、特徴はまず小さいことと、生物が逃げにくい赤色光と白色光を切り替えられることです。
DIVE BIZ SHOWでデモをしてもらった動画をご覧ください。
(このPHOTO 600は動画後半部分で紹介されます)

このSOLA PHOTO 600も、充電時に水没の心配がないタイプ。
これは嬉しいですね。

以下、主な特徴・仕様です。

SOLA PHOTO 600(ブラック+レッド)
¥60,000(税込¥63,000) 品番 09107
【付属品】YSアダプター、チャージャー、ポーチ、六角レンチ

【主な特徴】
●最大670ルーメンの極小ライト。
●フル充電で最大約320分間の連続照射が可能。※白色、低光量時
●明るさはマグネット式スライドスイッチで「高」「中」「低」の3段階に切り替え可能。
●マクロ撮影時、被写体に対するプレッシャーを軽減する効果があるとされる赤色ライトの照射が可能(「高」「中」「低」の3段階)。
●完全防水機構の未開封ヘッド。充電時にはチャージャーのコネクターをダイレクトに接続できるため水没のリスクがありません。
●オーバープレッシャーリリーフバルブ搭載。
●ボールマウント付き。SA8などのアームに取り付けての使用が可能です。※YSアダプターの装着も可能。

【主な仕様】
[バルブ]LED 6個(白色) / LED 4個(赤色)
[明るさ]670ルーメン(白色) / 220ルーメン(赤色)
[パワーレベル]670ルーメン/335ルーメン/160ルーメン(白色)220ルーメン/110ルーメン/55ルーメン(赤色)
[照射角]60°
[照射可能時間]白色の場合、連続約80分(高) / 160分(中)/ 320分(低)
赤色の場合、連続約200分(高)/ 400分(中)/ 800分(低)
[電源]内蔵型リチウムイオンバッテリー
[色温度]6700±500K
[充電時間]専用充電器にて約3時間
[充電器]入力AC110V〜240V
[耐圧水深]90m
[本体サイズ]外径57mm×長さ102 mm(突起物含まず)
[重量]283g
[材質]耐腐蝕アルミ合金、グラスファイバーナイロン

※LEDの寿命は約20,000時間です。
※バッテリー交換についてはSEA&SEA(お客様サポート)にお問い合わせください。

SOLA PHOTO 600を楽天市場でチェック!

SOLA PHOTO 600を楽天市場でチェック!
価格:60,000円〜(税込、送料込)

なお同時に、機能が簡略化されたモデル、SOLA PHOTO 500も発表されています。

sola photo 500(SEA&SEA)

大きさ・重量はSOLA PHOTO 600と同じ。
SOLA PHOTO 600との違いは、赤色光がないことと、最大光量が少し低い(500ルーメン)こと。
(画像を見比べると、ライトの球が少ないことが分かるかと思います)

ただしその分、価格は抑えられてお買い求めやすくなっています(定価で20,000円安くなっています)。
「ターゲットライト・フォーカスライトだけの使用でいい」という方はこちらがいいかもしれませんね。

◇SEA&SEAが同時に発表したそのほかのライト
両手を自由に使えるダイビングライト・SOLA DIVE 600発売 « スキューバダイビング.jp
ビデオ派ダイバー向け極小LEDライト・SOLA VIDEO 1200発売 « スキューバダイビング.jp

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW