ocean+αヘッドラインHEADLINE

奄美大島で水中アートの展示会「アクアート」開催中閲覧無制限

タグ:

2010年8月21日(土)から25日(水)まで、奄美大島で水中アートの展示会「第13回 水中展覧会 アクアート イン 奄美大島 2010」が開催されています。

これは、海の中に作品を展示する展覧会。
実際にダイバーでもある作家の方々が水中の世界で感じた「なにか」をかたちにし、その作品を海の中で展開することにより、「別世界における新たなアートの可能性」を広げる試みとなっています。

その作品を紹介している動画がこちら。

作品の一部は終了後も海中に残し、サンゴの移植や漁礁化につながります。

例えばこの動画にもあるウニを模したオブジェはサンゴ移植につながるものということですが、この展示会後の様子も追って発信してもらえると面白そうですね。

このアクアートは、すでに13回目。
海外でも日本でも、この展示会のように、水中を「アートの場」とする動きが徐々に活発になってきていますね。

「第13回 水中展覧会 アクアート イン 奄美大島 2010」
期間:2010年8月21日(土)〜25日(水)
場所(水中展示):奄美大島 瀬戸内町 嘉鉄
場所(陸上展示):奄美大島 瀬戸内町 古仁屋 せとうち海の駅(ビデオ上映、環境保護活動の写真展示)
主催:アクアート実行委員会
〒604-8381 京都市中京区西ノ京職司町 8-1 SKIP内
tel:075-813-3749

◇作品が海の一部となっていく水中アート、海外で有名な作品
メキシコに水中彫刻アートの新作が登場
◇瀬戸内海でのアートの祭典(今も開催中!)
ファスナーで“海開き”をする船が登場 瀬戸内国際芸術祭

タグ:

ページトップへ