’11上方水中映像祭り、上映プログラム発表!

スキューバダイビング.jpでも積極的に応援している上方水中映像祭り
いよいよ開催も迫ってまいりました。

当サイトの特集記事もご覧いただけましたでしょうか?

'11上方水中映像祭り

その上方水中映像祭り、いよいよ当日のプログラムが発表されました!
これにより、作品の発表者と発表順が判明しています。

以下、当日のプログラムです。
一部(午前)と二部(午後)で内容は同じになります。

1 熊本修太(すた)(一般公募)
「雫の旅 〜A water cycle story〜」

2 酒井由紀代(一般公募)
「SAIPAN」

3 柏島ダイビングサービス AQUAS(協賛ダイビングサービス)
「柏島の海 〜笑いの流儀〜」

4 DAIKI(一般公募)
「オオカワリギンチャクの群生」

5 山中利文(一般公募)
「水中写真 ヨメと、子供と、時々オトン」

6 伊藤恵里奈 ・小林裕幸 ・宮道成彦(一般公募)
「好きやで、すまっぷー!」

7 須江ダイビングセンター(阿部秀樹・尚原秀典)(協賛ダイビングサービス)
「自分時間が持てる場所 -須江 心に残る海-」

8 michiki ・ sachi☆(一般公募)
「LIFE in the ocean」

〜休憩〜

9  あなたの水中写真を見せて♪(一般応募写真)

10 AGO(幹事団)
「TRICK」

11 UMA会長 古菅正道(一般公募)
「YARASE」

12 備後輝 & ひろちゃん☆彡(幹事団)
「マナティー 〜Our Friends〜」

13 五十嵐“Garuda”一規(一般公募)
「泥底依存症患者のスケッチ」

14 鈴木あやの(一般公募)
「小笠原での素敵な出逢い」

15 赤木正和(招待プロ水中写真家)
「Dolphin Dream」

一般ダイバー、現地ダイビングサービス、そしてプロ写真家まで、とても幅広いラインナップになっています。
あとは当日がとても楽しみですね!

日程や会場など、詳細はこちらの記事をご覧ください。

◇ダイビング・海関係のイベントが一目で分かるカレンダーはこちら!
スキューバダイビング.jpイベントカレンダー

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。