ヘッドラインHEADLINE

写真家・中村征夫/今森光彦 企画写真展「森と海—すぐそこの小宇宙」開催のお知らせ閲覧無制限

カテゴリ:
イベント

ワカメの繁茂(提供:中村征夫)

2015年2月20日(金)から3月11日(水)まで、写真家の中村征夫さんと今森光彦さんによる企画写真展、ライフスケープ「森と海—すぐそこの小宇宙」がフジフイルムスクエアにて開催されます。

ライフスケープ(Life+Scape)とは、「生命」(life) と「風景」(landscape)のイメージを込めた造語で、「自然の中に息づく生命と、それをはぐくむ環境の両方を、人間の営みも含めた視点で語る」というコンセプトを表しています。

危険な海域で漁をするアナゴの森田(提供:中村征夫)

中村征夫さんは、東京湾での撮影がライフワーク。
一般的には「生き物がいるとは思えない海」といわれる東京湾に潜り、逞しく生きる命の姿をいち早く伝えた水中の報道写真家です。

今森光彦さんは、人々と自然の接点である山の麓の湖、田んぼや畑に、想像以上に多くの生き物が棲んでいることを広く知らしめ“里山”という言葉を一般的にさせた写真家です。

この写真展では、自然写真の分野をリードする二人が世界中のフィールドを駆け巡りながらも、それぞれにホームグラウンドと定め、ライフワークとして30年以上取り組んでいるテーマから、未発表作品を中心に100点超というスケールで展示されます。

私に立ち向かう母カニ②(提供:中村征夫)

また、期間中は、中村征夫さんと今森光彦さんによるギャラリートークも開催されます。
入場は無料ですので、ぜひ足を運んでみてください。

写真展「ライフスケープ:写真が語る自然『森と海—すぐそこの小宇宙』」

  • 開催期間:2015年2月20日(金)~3月11日(水)
  • 作品点数:約100点
  • 会場:FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)
  • 〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
  • TEL:03-6271-3350
  • URL:http://fujifilmsquare.jp
  • 入場料:無料
  • 主催:富士フイルム株式会社
  • 企画:株式会社風景写真出版

作家本人によるギャラリートーク

●日時:2015年2月21日(土)、22日(日)
※両日とも14:00から1時間程度を予定

プロフィール

中村征夫(なかむらいくお)
1945年秋田県生まれ。19歳のとき神奈川県真鶴岬で水中写真を撮るダイバーに出会い、独学で水中写真を始め、31歳でフリーランスとなる。1977年東京湾にはじめて潜り、ヘドロの海で逞しく生きる生きものに感動、以降ライフワークとして取り組む。「海の報道写真家」として活躍。出版物、テレビ、ラジオ、講演会とさまざまなメディアを通して海の魅力や海をめぐる人々の営みを伝えている。

今森光彦(いまもりみつひこ)
1954年滋賀県生まれ。大学卒業後独学で写真技術を学び1980年よりフリーランスとなる。以後、琵琶湖をとりまくすべての自然と人との関わりをテーマに撮影する。一方、熱帯雨林から砂漠まで、広く世界の辺境地の訪問を重ね、取材をつづけている。また、ハサミで自然の造形を鮮やかにきりとるペーパーカットアーティストとしても知られる。

詳細はこちら

ページトップへ