企画特集FEATURE

ダイビングのしくみ編閲覧無制限

カテゴリ:知る

ダイビングのライセンスとは?

実は「ライセンス」という呼び名はない

まず、本題に入る前に、「ライセンス」という言葉について少しだけ触れておきます。
「ライセンス」というのは、ほんとうは、国や公的機関が与える「法的な」免許・許可証のことです。

これから趣味でダイビングを始めようとしているみなさんが取得するものは、正確には「ライセンス」ではありません。その“ライセンスのようなもの”を、ダイビングではCカードと呼びます。
とはいえ、そのCカードには法的なチカラがあるわけではありません。
仮に誰かがCカードを持たないままダイビングをしたとしても、日本の法律で罰せられたりすることはないのです。そのため、Cカードを「ライセンス」と呼ぶのは、本来的には正しくありません。

余談ですが、スキューバダイビングでライセンスと呼べるものは潜水を職業としている人が対象のものだけです(安全潜水管理者、潜水士など)。

ライセンスではなく、Cカード

Cカードとは、Certification Cardの略です。 Certificationとは、「証明」「認可」という意味です。つまり、ダイビングの指導団体の講習をこなした後に、「この人はダイビングの知識とスキルを身につけました」ということを“証明”してくれるカードです。自分が講習を受けた指導団体が発行してくれます。

上で書いたとおり、Cカードがないままダイビングをしても、法律で罰せられることはありません。
しかし、講習を受けたことがない人がダイビングについて何も知らずスキルもない状態で海に潜るのは、とても危険なことです。そのような人に、ダイビングのお店はサービス(例えばガイドをする、タンクを貸し出す、など)を提供することはできません。
そのため、ダイビングをする際の証明書として、Cカードを提示しなければいけないのです。

ダイビングをしたことがない方・これから始めようとしている方は、まずはこのCカードを取得する必要があります。

ページトップへ