ヘッドラインHEADLINE

真夏の宮古島より閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート
タグ:

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです(飛行機写真を除く)。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!

昨日は熱低の影響で低く垂れこめていた雲も、さっきまで星空が見え、太陽が昇った今は青空も広がりつつある。
セミの鳴き声がBGM。波の音も聴こえるような気がするが、港だから気のせいか?
でもいいね〜、宮古島!

ということで、あっという間に宮古島での旅が終わりそうなのだが、
昨日までお世話になった宮古島の《サンアイランド》、噂にたがわず、ていねいなケアとガイドでたっぷり楽しませていただいた!

詳しくは和尚がレポートするのでそれを楽しみにしてほしいのだが(和尚とかぶらないようにしなくてはならないのであまり書けない!?)
宮古島といえばやっぱり地形!ということで、オーナーガイドの竹内修治さんはものすごくドラマティックなコース取りをしてくれる。
あまり有名ではないのかもしれないが、下地島の「マリンレイク」は、「魔王の宮殿」や「アントニオ・ガウディ」と匹敵するぐらい、めちゃくちゃおもしろかった。
スポットライトのような一筋の光が海底を照らすケーブあり、カーテンのように光の束が横に広がるトンネルありと、次々と展開が変わり、ワクワクドキドキ。
宮古島 マリンレイク

ガイドの腕の確かさを感じたダイビングだった。
地形プラスアルファで魅力的な魚も見せてくれるし。
宮古島 ハナゴンベ

「なるほどザ・ケーブ」で竹内さんが見せてくれたハナゴンベの幼魚。くぼみにいるのでライトを持って行かなかった私にはきつかったのだが、竹内さんがライトで照らしてくれたので、撮れた! ありがとうございます!!

そして、下地島といえばコレ。
下地島 航空機

飛行機の演習場があり、毎日ではないがANAの練習機がすぐそばで見られる。航空機ファンにはたまらないんじゃないだろうか。

地形スポットが並ぶ下地島&伊良部島だが、ラグーン内に白砂が広がる海底もあって、「クリスタルパーク」というスポットの近くの海の美しさがまた美しい。
宮古島 下地島ダイビング

バリエーションたっぷりな宮古島を水陸ともに楽しませていただいて、本当にありがたかった。《サンアイランド》の竹内さん(後ろ)、池澤さん(左)、美紀ちゃん、ありがとう!!
宮古島 サン・アイランド

今回は《サンアイランド》もお客さまに薦めているという平良港の目の前の《ホテル共和》に泊めさせていただいたのだが、私も何度か泊まっている快適ホテル。宮古島の中心街、西里大通りや下里通りにも歩いて行けるのでアフターもバッチリ楽しめるし、新館の客室からは海も見える。残念ながら新館の部屋には無線LANはないのだが、ロビーでできるし、本館の客室だったらやはり通じる。
宮古島 ホテル共和 宮古島 ホテル共和

朝ご飯もおいしいし、掃除もきれいにしてくれるし、ダイビング器材洗い場&干し場もあるし、コインランドリーもあって、本当にゴキゲン。宮古島には海が目の前のリゾートホテルやビーチリゾートホテルもあるけれど、シティホテル《ホテル共和》もオススメです。

・・・ということで、昨日、《琉球海運》にDコミュ号(車)を預け、今日の早朝便で私たちに先駆けてDコミュ号は石垣島に向かっている。私たちもあとひと仕事して、宮古島を出発なのだ。宮古島の皆さん、ありがとうございました!

ページトップへ