ocean+αヘッドラインHEADLINE

イルカの群れを20分貸切状態!御蔵島ツアーレポート閲覧無制限

カテゴリ:
現地からレポート

2014年、オーシャナ1発目の御蔵島ツアーに行ってきました!

御蔵島のイルカ(撮影:村上紘子)

台風8号が去った直後の東京から

日本に上陸していた台風8号は温帯低気圧に変わったものの、その後のうねり等の影響がめちゃくちゃ心配だった、今回の御蔵島ツアー。

現地では、早々に7/12(土)の出航を取り止めるイルカ船も出ていたようで、御蔵島に着岸できるかどうか、むしろ不安の方が大きい状態。

そんな不安の中で過ごした7/11(金)夕方、橘丸(今年から新しく就航!)がどうにか竹芝桟橋は出航することが決まり、祈りを込めながら乗ることに。

7/12(土)の朝、往路では御蔵島に着岸できず…。
台風のうねりが残っていることと、この時点での西風と波高では、そりゃ厳しいですよね…。
(御蔵島の港は北西向きなので、西風には弱いのです)

御蔵島の天気予報

ただ予報では復路で御蔵島に着く予定時間(12時頃)は西風ながらも波高が少し収まるとされていたので、そこに勝負を賭けることに。

なんとか着岸、そして1発目から大当たり!

そして無事に賭けに勝ちました!
やりました!

晴れた日の御蔵島

オーシャナツアー、御蔵島港

御蔵島に無事に着岸!

ちなみにどうでもいい話ですが、僕は10年間御蔵島に行っていて、全く着岸できずにそのまま竹芝桟橋に帰ってきたことは一度もありません。
その個人的な記録も途絶えずにすみました(笑)。

早速宿で着替えをして、13:30から1発目のドルフィンスイムへ。
そしてそのスイムの最初のエントリーから大当たり!

7〜8頭のイルカがオーシャナのグループだけ貸切状態で、代わる代わる遊んでくれました!
その間、約20分間は続いたでしょうか。

御蔵島のイルカ(撮影:村上紘子)

御蔵島のイルカ(撮影:村上紘子)

もちろんイルカのご機嫌が良かったこともあると思いますが、出船前は「(風の影響のため)島の東側だけ回ります」と言っていた船長さんが最初だけ少し西側に出航してくれたナイス判断(他のイルカ船はいませんでした)と、オーシャナチームのコンビネーションの良さによって、イルカとたくさん遊ぶことができる確率が高まったんじゃないかと思います。

この「御蔵島ツアーでイルカと遊ぶときのチームのコンビネーション」については、自分なりに思うところがあるので、また改めて別の記事で書きます。

結局、イルカ船が出るかどうかも心配だったこの日(土曜日)のドルフィンスイムでしたが、終わってみればいつも通り2時間にわたって何度もイルカと遊ぶことができました!

イルカのあとのお楽しみ

宿に帰ってからは、個人的にも絶対に外せないパターンであるふくまる商店でのジェラートアイスを堪能。

御蔵島ふくまる商店でのジェラートアイス

晩ごはん後は、夕日が見える見晴らし台に行って、青春を味わい尽くしました。

御蔵島の夕焼け

青春っぽい!

御蔵島の夕焼け

この日の最後は、花火まで!
楽しかったです。

御蔵島での花火

日曜日も無事にドルフィンスイムしてきました

日が明けてワールドカップの3位決定戦が行われた今日も、西風はあったものの無事にドルフィンスイムできました。

初めて御蔵島のドルフィンスイムに来てくれたお客さんたちも、前日より少し余裕が出てきてなにより。

御蔵島のイルカ(撮影:犬養拓)

行く前はヒヤヒヤものだった御蔵島ドルフィンスイムツアーでしたが、無事に御蔵島に渡れて、たくさんイルカと泳げて、僕としてはホッと一安心したツアーでした。

自然相手のことなのでしょうがないとはいえ、この日、このツアーをすごく楽しみにしてくれているお客さんの気持ちを考えたら、やっぱり行けて泳げたこと自体がこちらとしてもすごく嬉しいことです。

参加してくれた皆さん、ありがとうございました!

オーシャナの2014年御蔵島ツアー、8月の2回のツアーで若干名キャンセルが出たため、募集をしています(2014年7月13日時点)。
ご都合が合う方はぜひご検討ください。

2014年8月8日(金)~10日(日)担当:寺山<残席あと3席>
2014年8月22日(金)~24日(日)担当:寺山<残席あと1席>

ページトップへ