潜りタイ!遊びタイ! カオスなサムイ&タオ

始まりました! Dコミュプレゼンツ「潜りタイ! 遊びタイ!@タオ&セイルロック クルーズ」。

タイ往復チケットが当たるフォトコンをはじめ、
灯籠流しのように空へ熱気球を飛ばすコムローイなど、イベント盛りだくさん。

そんなファンタジー要素が手伝ってか、女性ゲストの参加率が高く、男性ゲストは往路の成田から心の中でガッツポーズ(!?)


昨日は移動日。
バンコクからサムイへ乗り継ぎ、夜の街へ。。。
気温33℃のうだる熱帯夜。カオスな感じです。
 

ネオンギラギラなビーチレストランや、流れ行商あんちゃんの大玉花火とか。。。

翌日(今日)は、タオへの移動&ダイビング日。
 
ゲスト様18人と満員御礼! でっかい船やちっこすぎるボートを乗り継ぎタオへ。。。

チェックダイビングを中心としたゆったりダイビングで、ワイド&マクロな景観・生物を、まったり堪能。
 

タイ初ダイビングメンとして、個人的に気になったのは。。。
 
なんか、カイメンがデコレーションされてると思ったら、ちっちゃなイカリナマコでした。キモカワ? キモキモ? でもハマります。。。
イバラカンザシもカオスです。サイケデリックです。しかも近寄ってもひっこまないんです。。。

コムローイの改造案(新提案!?)も進行中。
今後の報告をチェック!

協力《サムイダイビングサービス

コメントを残す

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。