ocean+αヘッドラインHEADLINE

小笠原DCの古賀さん、お疲れさまでした閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

このブログの写真は富士フイルムのFinePixのEXR機で撮影したものです。
FinePix水中写真サイト「FinePix LAGOON」内の「マリン・ブログ」でも紹介されています!
併せてご覧ください!!

小笠原のダイビングやホエールウオッチングを盛り上げ、今日の小笠原の観光を確立した立役者、《小笠原ダイビングセンター》の古賀じぃこと古賀昭仁さんが引退された。

古賀じぃにお世話になったダイビングショップや旅行社の方々が、島から帰ってきた(東京都内と書こうと思ったら、小笠原も東京都だった!)古賀じぃのお疲れ様会を開きたい!ということで、先週水曜日の夜、ちょっとした集まりを持ったのだった。
古賀じぃ 小笠原ダイビングセンター

私は実は小笠原に行ったことがなく(!)古賀じぃに海でお世話になることは結局ないままに終わってしまったのだが、イベントなどで何度かあいさつをさせていただいたこともあり、また集まる方々の顔を知っているであろうということでお手伝いがてら会に出席させていただいた。

「覚えていますよ」と目を細めて話してくださる古賀じぃ。
やさしい・・・。

現役のときはちょっと怖いガイドさんでもあったと聞き及んでいたのだが・・・(笑)。

会には古賀じぃにお世話になったという超ベテランインストラクターや業界関係者が30名以上集まり、大賑わい。それまでも何度もお疲れ様会が行われたという話だが、古賀じぃがいかに愛され、慕われていたかがわかる。

小笠原ダイビングセンター

ダイビング界のパイオニアでもあるカメラマンの一人、須賀次郎さん(須賀潮美さんのお父様)もご出席。
ほとんどごあいさつできなかったのが残念なのだが、大御所・須賀さんまで登場して、なんだかステイタスの高い会であった。

もともと警察官として、復帰間もない小笠原へ自ら希望を出して赴任し、1年間任務を遂行した後、東京に戻ったものの、やっぱり小笠原で暮らしたい・・・ということで39年前に退職して小笠原に戻ってダイビングサービスを始めたという古賀じぃ。
「他の人と同じことはしたくない」と常に思っていたと語るが、ダイビング専用ボート「韋駄天」を次々とつくり、小笠原の海の魅力を多くの人に伝えてきたその功績は非常に大きい。

これからは東京23区内に住居を持って、《小笠原ダイビングセンター》や小笠原を盛りたてて行くお手伝いをしていくとのことだが、私としては古賀じぃが小笠原にいらっしゃるうちに行きたかった(泣)。

でも、長い間本当にお疲れさまでした。

小笠原ダイビングセンター

なお、《小笠原ダイビングセンター》はずっと古賀さんの下でガイドとして活躍してきた超ベテランガイド、森田康弘さんが後を継いで経営をしている。

 

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

ページトップへ