ヘッドラインHEADLINE

イルカを襲い、セクハラならぬ“ドルハラ”で逮捕された男(南ア)閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

4月になり、歓迎会の時期。
日本企業では、「セクハラはやめよう」「パワハラ反対!」などの声が強くなる季節でもあります。

今回ご紹介するのは、“セクハラ”ではなく“ドルハラ”、「ドルフィン・ハラスメント」で逮捕された男性の話です。
舞台は、6月にワールドカップも行われる南アフリカ、ケープタウンのコーク・ベイという港町です。

逮捕されたのは、近くに住むイギリス国籍の男性。
彼は、150匹のイルカがコークベイ沿岸で食事をしていたところにボートで突っ込み、白いクルーザーでイルカを囲むように運転していたようです。

男は「違法であることを知らなかった」、「イルカに害を与えていることに気づかなかった」と主張している。
目撃者によると、男はクルーザーに乗るとすぐにイルカの群れに突っ込んでいき、イルカが逃げ回ると追いかけて群れに戻そうとしていたそうだ。
男の行為はもちろん違法であり、コーク・ベイを利用する者は知っておくべきだとイルカ愛護グループは主張している。

「もちろん違法」って、南アフリカではそういった法律(条例)があるんですね。
例えば日本だと、子どもが鳩を追いかけ回すのは違法ではないでしょうが、イルカをボートで追いまわすと違法になるんでしょうか…?

このニュース、日本ではあまり報道されていませんが、例えばアメリカやオーストラリアで報道されたらどれぐらい騒ぎになるのか、気になるところです。
「知能の高いイルカをボートで追いまわすとは!」
と騒がれるんでしょうか。

Techinsight » イルカに嫌がらせをした男、逮捕される。(南ア)

ページトップへ