ヘッドラインHEADLINE

フィリピンの風評被害を防ぐためのインフォグラフィックを広めよう閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ
タグ:

先月、フィリピンを襲った台風30号(ハイエン)。
オーシャナでも引き続き、現地の状況を報じたり、被害が大きかった場所への支援協力を行ったりしています。

ただ、台風が去った後に生じている問題の一つが、風評被害。

日本では被害が大きかったレイテ島のニュースが大きく取り上げられたこともあって、フィリピンの治安や現地状況を心配して現地ダイビングサービスへのキャンセルが相次いでいます。

ただ、同じフィリピンでも、レイテ島の中心地タクロバンからセブシティまでは、直線距離で160kmもあります。

先日、日本でも伊豆大島が大きな台風の被害を受けましたが、その際も伊豆半島は通常通りダイバーで賑わっていました。

その伊豆大島と伊豆半島(西伊豆・大瀬崎)までの直線距離は、わずか60km。
タクロバンからセブシティまでの、わずか3分の1です。

このインフォグラフィックをシェアしよう

そこで、オーシャナでは、セブ島やマラパスクア島の風評被害を防ぐためのインフォグラフィックを作成しました。

上で書いたように、「被災地の中心からこれだけ離れているので、フィリピンの主要ダイビングスポットはいつも通りの日常を送っていて安全です」ということが視覚的に分かるようにしました。

今、ダイバーがフィリピンのためにできることは、現地でのダイビングを自粛せずに、予定通り潜りに行くことです。

よかったら、この記事、もしくは以下のインフォグラフィックをブログ、Facebook、Twitterなどでシェアしてください。

以下のインフォグラフィックは、クリックすると大きなサイズ(1000px)で表示されるので、それをコピーしていただいてかまいません。

フィリピンの風評被害を防ぐインフォグラフィック

今回のインフォグラフィックの作成は、オーシャナでもお世話になっているPanariDesign(田端重彦)さんにご協力いただきました。

田端さんにはシェアして使用することもご快諾いただいており、また、オーシャナのロゴもここには入れていませんので、ぜひいろんな方々に使って広めてもらえると嬉しいです。

ページトップへ