ocean+αヘッドラインHEADLINE

これをチェックすればOK!この1週間の海ニュースまとめ(2011.10.13)閲覧無制限

カテゴリ:
おしらせ

サメが人類の救世主になる! 超万能の新薬が近い将来発売予定 – ロケットニュース24(β)

サメは、海に生きる生物の中で唯一、病気にかからない生物と言われています。それは、サメ自身が作り出している強力な抗体でしっかりと守られているからです。その抗体の名は、スクアラミン。今から19年前に、サメの肝臓から発見されました。

20年かけてボトルメッセージを海に流した数4800通、そのうち返事が返ってきたのは?:らばQ

ハロルド・ハケットさんは、カナダのプリンス・エドワード・アイランドの海岸から、メッセージをボトルに詰めて、もう20年間もボトルメッセージを流し続けています。
その数は4800通に達し、それぞれのメッセージに返信をお願いしてあるそうです。

約180億円相当の銀を積み第二次大戦中に撃沈された貨物船が発見される – GIGAZINE

約1億5500万ポンド(約180億円)相当の銀を積んだまま、第二次大戦中にドイツのUボートによって沈められたイギリスの貨物船「Gairsoppa」が、大西洋の海底で発見されたそうです。

CNN.co.jp:海底に眠る神秘 世界の珍しいダイビング・スポット5選

シルフラの水は非常に透明度が高く、ダイバーは深さの感覚を失ってめまいを覚えるほどだ。水がきれいなのは、水温が年間を通して2〜4℃と低く、はるか高いホフス氷河から火山岩でろ過されて流れ込むから。

asahi.com:70歳ダイバー海のがれき掃除 釜石市-マイタウン岩手

110余年の伝統がある「南部潜り」で、海中のがれきを片づけている70歳のダイバーがいる。釜石市の紺野光夫さん。銅製ヘルメットなど重さ30キロ近くの装備をつけ、復興のために海に入る。

東日本大震災:不明者発見へ県警、海中で大規模捜索 潜水、カメラで12日間 /岩手 – 毎日jp(毎日新聞)

県警警備課によると、大規模な海中捜索は初めて。9月に発見された遺体11体のうち、海上からは10体にのぼる。ここ数カ月、遺体はほとんど陸上からは見つからず、海から発見されているのが実情だという。

瀬戸内海の異常潮位、徳島では橋の下の通路が完全に水没 – GIGAZINE

9月後半から瀬戸内海各地で異常潮位が観測されており、昨日は世界遺産に登録されている広島県の厳島神社が冠水するなどの被害が出ています。

土壌改良が裏目…網走名物・サンゴ草に異変 : 環境 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

秋になると一面を深紅に染めるサンゴ草(正式名称・アッケシソウ)の国内最大の群生地である北海道網走市の能取湖畔で、サンゴ草が育たず、育った一部も黒く変色する異変が起きている。

カテゴリ:
おしらせ

ページトップへ