ヘッドラインHEADLINE

【サムイ島】ジンベエ出てます。でもやっぱりマクロネタ by 増子 均閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
タグ:

久しく情報が無かったジンベエザメ、突然現れました。
チュンポンピナクルとサウスウエストピナクル、同時多発ジンベエ。しかもサウスは2個体です。
残念ながら、サムイに戻ってオフィスワークしていた時だったので、私自身は見ていませんが、個体数が多ければ当る確率も上がる筈、次は写真を撮るべく待機してます。

そんな状況にもかかわらず、ご紹介するのはマクロネタ(笑)。
今年の春の特徴でしょう。島周りのポイントはどこを潜っても幼魚がいっぱいです。
幼魚の季節 タオ島

コンデジの画像で、しかも反射が写り込んでいて申し訳ありません。
でもまあ、こんな感じでサンゴや岩の上には、おそらくクロリボンスズメダイの幼魚がギッシリ。もっと小さくてゴミみたいな、肉眼では浮遊物の粒子にしか見えないものも、場所によってはフュージラーやカマスなどの幼魚も混じっているようです。それに加えてキビナゴが至るところに群れているので、なんとなく水中に霞がかかったように見えます。
そこにコガネアジやマテアジなどの捕食者がアタックしていて、可哀そうですが群れが右往左往しています。いつもは深場のポイントでしか見ないニジョウサバが、サンゴエリアで捕食をしている、珍しい光景も見られました。

さらに細かいものを探してみると、去年から個体数が増え始めたのではないか、と思われるオレンジリーフゴビー。穴の中に入っているので、マイクロフィッシュアイ(水中虫の目)レンズで狙ってみました。
タオ島 オレンジリーフゴビー

イレズミハゼの仲間で和名は有りません。ピンと伸びた第一背ビレ、オレンジ色の綺麗な縞模様が特徴です。

それから、岩の下に潜んで(丸見えですが)いたモヨウフグ。こちらも逃げないのでマイクロフィッシュアイレンズで触れるほど近寄って撮りました。ふくらんだような表情がブサ可愛いですね。犬で言えばデカ鼻写真みたいなカットが撮れます。
タオ島 マイクロフィッシュアイレンズ

PROFILE
増子均
Hitoshi Masuko
サムイダイビングサービス タイ

通称Marcy
日本ではニュース番組のディレクターとして水中取材などを手がけ、
趣味が高じてダイビングガイドに転職。
約15年前、当時ほとんど知られていなかったサムイ島に
最初の日本人ガイドとして常駐して以来、
タイ湾の海の情報を発信し続けてきた。
中層浮遊から動かずマクロまで好みの幅は広いが、
ガイドの最大の仕事は安全に潜ることだと思う。
昔取った杵柄?で写真やビデオ撮影にはそこそこ詳しい。

SAMUI DIVING SERVICE
http://www.samuidiving.net

KATA DIVING SERVICE
http://www.katadiving.net

 

ページトップへ