[富戸]THE カエルアンコウ登場 by志村晃央

From【富戸】

みなさん、こんにちは!
久しぶりに富戸の海から情報発信します。

富戸の水温は現在19℃、透明度は8〜10mといった感じです。
水温の上昇に伴い生物も一気に増えました。

キビナゴやメバルの子供の群れ、クロホシイシモチやハタンポと中層が賑やかです。

生物の多い中層に目を奪われがちになる現在の富戸の海ですが、
先週末から富戸では珍しい生物が多数出現しています。

それが【カエルアンコウ】です。

ベニカエル、イロカエル、オオモンカエルのトリオは現在も健在ですが、
ここに来て新入りTHE・カエルアンコウです!
 

しかもすべて幼魚で3cm前後のサイズです。

現在、知る限りでは5個体登場しています!

何度も言うようですが、富戸ではレアな生物です!
是非、見に来て下さいね!! 

PROFILE
志村 晃央
Teruo Shimura

東京都小平市出身
海が好きで、時間があれば即潜り(笑)
ホームゲレンデ富戸の海で潜りこんで13年ダイブキャリアは10,000本
富戸の隅々まで知り尽くしたベテランガイド。
体格に似合わず、マクロ探しが大得意! そしてたまにワイドもガイド!!
ビギナーさんからベテランダイバーまで、富戸の海を安全に楽しく潜れるように、今日も富戸の海を潜っている。

城ヶ崎インディーズ
http://www.izu-indies.jp/index.htm

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。