【大瀬崎】夏の花火のように艶やかなトゲトゲウミウシ登場 – 水温も急上昇!

この記事は約2分で読めます。

こんにちは!
大瀬崎でガイドしている
海の案内人ちびすけのかわちゃんです!

大瀬の海にトゲトゲウミウシがあらわれ人を魅了しています。
まるで夏の花火のように美しく艶やかです。
こういう被写体は夏の夜空のように黒く抜いて撮りたいですね

大瀬崎トゲトゲウミウシ

ジボガウミウシも多く観察できています。
稀ではありませんが非常に美しく気品のあるウミウシですね。

大瀬崎ジボガウミウシ

うみうし系ではそのほか
セトリュウグウウミウシ、クロイバラウミウシ、シモダイロウミウシ、カナメイロウミウシ
ガーベラミノウミウシ、ウデフリツノザヤウミウシ(ピカチュウ)など
美しい子が継続して観察できています。

外海で安全停止して
ダイブコンピューターを見たら
なんと水温27.8℃と出ていました。
湾内や、少し深めでも24℃ありました。最高に気持ちいいですね

大瀬崎の浅場

おさかな系でも
ミジンベニハゼの卵
クマノミの卵
アオリイカの産卵
クロホシイシモチの口内保育と
生命をはぐくむ季節となっていて感動させられます。

あらたにカミソリウオも登場しましたし、オオモンカエルアンコウ、ベニカエルアンコウ、オオウミウマも継続中。
ネジリンボウも最短距離まで寄らせてくれます!

大瀬崎ネジリンボウ

環境省の水質調査で日本全体でもトップ4の水質を誇り、潜っても最高に気持ちいい大瀬崎でした!

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
大好きな大瀬を潜り続けて16年、1万本以上。
大瀬だけでも観察したウミウシは420種以上。
愛妻のガイド川原ゆいと二人三脚で大瀬のウミウシを楽しくガイドし続ける。
お店の名前「海の案内人ちびすけ」は愛息「ぴろ社長」が出生したときに名付けた。
大瀬のソフトコーラルの森の中でカラフルなウミウシを探しているのが一番好きなダイビング。
ウミウシが宝石をばらまいたようにいる大瀬の冬春のナイトダイブにも興奮。
ガイドして喜ばせるのが大好きで「面白かった」と言われるとシアワセになる。
甲殻類や魚類やマンボウもおまかせあれ。
今年は初マラソンを計画中♪
  • facebook
  • twitter
FOLLOW