ヘッドラインHEADLINE

【タイ】魚影の濃いセイルロックに3m級のサメが登場!閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
タグ:
,

ocean+αになってのローカルプレス、初めての投稿です。
タイ、サムイ島のMARCYこと増子均です。
よろしくお願いいたします。

7月からはこちらタイ湾エリアの繁忙期。夏のクルーズの時期に当ります。
クルーズで潜るメリットはいろいろ有るのですが、その中の一つが遠いポイント「セイルロック」にコンスタントに行けること。
海況が悪くなければ、週に2回はセイルロックに行くスケジュールになっています。

ここは周りに何も無い海に頭を出した岩礁ですから、潮が当たるために当然魚影が濃いわけで、中でもオオカマス、キンセンフエダイ、ホソヒラアジ(写真)などは、グッチャリと固まった密度の濃い群れを作ります。

セイルロックのホソヒラアジ群れ

そういった“定番“のメンバーの他に、今シーズン気になるのが、どうやらサメが居着いているというNEWS!
根の周辺に群れているフュージラーなどの、さらに外側を回っているようで、目撃される時はいつも尾ビレだけがチラッと見える程度、ただ、おぼろげながらも「メチャでかい!」という証言が集まっていました。
単に大きいだけでなく、明らかに体が“太い”。
ということは…もしかしてブルシャーク(オオメジロザメ)?

などと言っているうちに、やたらと透明度の良い日が有り、中層を見ていたらサメのシルエット!
『こいつかー』と思い泳いで行くと、身を翻して去ってしまったのですが、水がクリアなので全身を見ることができました。
おそらく体長3mオーバーで確かにでかい。
そして体が異様なほど太い。
メタボじゃないかと思うぐらいでした(笑)。
あまり近寄れなかったのですが、ゲストに撮っていただいた写真です。

タイのサメ

確かに太いですよね。
今後ポイントの名物になってくれると嬉しいのですが、でもちょっとお近付きにはなりたくないような。
ま、それはともかくサメ好きの方には朗報ですね。

ページトップへ