【タイ】手つかずのレアなポイント、ローシン&コ・クラに広がるサンゴと魚の群れ

この記事は約2分で読めます。

いよいよ夏のシーズンも佳境に入ったタイ湾エリアです。
この時期のベースとなるタオ&サムイに加えて、シーズンの最初と最後にしか行けないレアなポイント、ローシン&コ・クラにもクルーズを催行しています。
まずはその最初の方、7月クルーズのご報告です。

ローシンと言えば、巨大な岩礁に広がる手付かずのサンゴが最大の魅力です。
エダサンゴが延々と続く場所も有れば、種類が入り混じっている所も有り、どこを見ても画になります。

タイ、ローシンのサンゴ(撮影:増子均)

ちょっと話が飛びますが、ローシンのサンゴが強調されるあまりに、ついコ・クラの方を忘れがちです。
しかし、こちらもまたローシンとは違った雰囲気の見事なサンゴのポイントで、特に目に付くのが立派なリュウキュウキッカサンゴ。

コ・クラのリュウキュウキッカサンゴ(撮影:増子均)

そして、岩の斜面とテーブルサンゴのコラボは、こんな撮り方もお勧めです。

コ・クラのサンゴ(撮影:増子均)

話を戻してローシンの状況ですが、今回はやや流れが有ったためか、群れが目立ちました。
中で面白いのは、ブルガートレバリーというアジの仲間。

ローシン、ブルガートレバリーの群れ(撮影:増子均)

ダイバーが潜っていると、どこからともなく現れて来て、周りをグルグル回ります。
上から見ると、人間が中心になったコマのよう。

ローシン、ブルガートレバリーの群れ(撮影:増子均)

このカットは動画からの切り出しですが、動画を見ていると笑えますよ(ちょっと目が回りそうですが)。

その他、ツムブリやオオカマス、ピックハンドルバラクーダ、ツバメウオなどの群れも見られました。
また、変わったところではマダラトビエイが数個体。
群れのツバメウオの他に、超フレンドリーな子供がいて、ほとんど毎ダイブお付き合いしてくれました。

タイのツバメウオ(撮影:増子均)

次はシーズン終盤の10月です。
今回は現れなかったジンベエザメ、過去の経験では7月に出ない年は10月に出るので(保証はしません)、期待したいものです。

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
タイ在住足かけ17年、サムイ・タオエリアでは最古参の日本人ガイド(になってしまった…)。
自社クルーズ船スクーバエクスプローラー号を駆り、時にはアンダマン海や秘境ローシンまで、タイの海のあちこちに出没している。
前職がTVディレクターだったためか、動画も含めた水中撮影には無意識に気合が入り、最近ではINONのマイクロフィッシュアイ(水中虫の目)レンズがお気に入り。
ダイビングのモットーは安全第一なので、ガイドの時にはカメラを持たない主義。
そのため、撮りたいものをなかなか撮れずにいるのが目下の悩みのタネ。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW