ヘッドラインHEADLINE

オニアジ大量発生閲覧無制限

カテゴリ:
LOCAL PRESS
タグ:

新シーズンが始まったとはいえ、しばらく陸番の日々…。
なかなか海ネタでの更新ができなくてスミマセンでした。
しかし、ここに来てようやくチョコチョコ海に出られるようになり、
しかも季節はもうじき暑期を迎える快晴の日々。
ダイビングが本当に楽しく感じられます。
今年潜りだしてみて、先シーズンまでとの違いを感じるのは、『オニアジがやたら多い!』ということです。
オニアジって、図鑑にも生態写真が無くて馴染みが無い魚ですよね。
タオ周辺にも以前はいなかったのですが、4、5年前に出現してから年々数が増えています。
Oniaji.jpg
流線型の体で、尾柄部がキュッと細くなっているのが特徴です。
タオ周辺では、チュンポンピナクルセイルロックサウスウエストピナクルなど、沖合の根で群れています。
残念ながら、ホソヒラアジのように密度の濃い群れではないのですが、かなりの数が中層を埋め尽くすのと、体をくねらすような泳ぎ方で群れ全体が動く様は、他の魚には無い面白さです、
以前はなかなか近寄れなかったのに、数が増えて大胆になったのか?最近では、すぐ目の前まで平気で来るようになりました。
今年は、根の上の方や周辺で、うじゃうじゃという感じで蠢いています。増える一方で無くて、増減が有るとしたら”当たり年”なんでしょう。
そして、根の近くに集まっている様子を見ると、どうやらハタタテダイがクリーニングをしているようです。
OniajiCleaning.jpg
近寄ると、クリーニングを止めて逃げてしまうので、ちゃんとした写真がなかなか撮れませんが…。
オニアジが出現するまでは、ハタタテダイのクリーニングシーンを見ることは有りませんでした。それで、自分がクリーナーだということにようやく気付いたのでしょうか(笑)?
今ではオニアジだけでなく、ギンガメアジなどもクリーニングするようになっています(この写真にもチラッと写っていますが)。
やっぱり他の海とは一風変わったタオだから、こんな魚にも会えるんですね。

ページトップへ