ヘッドラインHEADLINE

中村征夫&山見信夫・貴重な対談「安全にダイビングを楽しむ」実況まとめ閲覧無制限

カテゴリ:
潜水医学

水中写真家・中村征夫さんと潜水医学博士・山見信夫先生の対談トークショー「安全にダイビングを楽しむ」の模様(実況ツイート)のまとめです。

中村征夫・山見信夫対談「安全にダイビングを楽しむ」

めったにないこの対談、「東北に元気を送ろう!共同写真展」のイベントの一環として2011年7月17日(日)に野口英世記念会館で行われました。

テーマが「安全にダイビングを楽しむ」ということで、水中写真家を含むフォト派ダイバーのダイビングスタイルと潜水医学とのせめぎ合いという展開も期待されました(私たちが勝手に期待していました)。

つまり、フォト派ダイバーはどうしても同じ水深に長く滞在するダイビングスタイルを好む傾向にあり、潜水パターンもいわゆる“箱型潜水”になりがちなのですが、それは潜水医学(減圧理論)としてはあまり推奨されないスタイルとなります。
その点で「潜水医学の上で安全なダイビング」と「粘って粘って写真を撮るスタイル」は立場が異なる部分があり、そこに突っ込んだ話も期待してしまったのですが、そこまで鋭い対談にまでは至りませんでした。
(なかなかそこまでは難しいですよね…)

ただもちろん、中村征夫さんがいつも素手で潜っている理由や、「浮上スピードには特に気をつけている」という言葉など、ためになるお話もいくつもありました。
40分という時間はあっという間でしたが、めったに見られない貴重な対談だったと言えるでしょう。

以下、お二人の対談を現場で実況していた当サイトのツイートをまとめたものです。
当日いらっしゃれなかった方、どうぞご覧ください!

[insert_meta key="togetter"]

ページトップへ