ヘッドラインHEADLINE

2010年のダイビングは動画でしょ( ゚3゚)ノ閲覧無制限

カテゴリ:
水中動画
タグ:

スゴイ世の中になったものです。
十数年前にダイビングを始めたときは、水中写真撮影なんて、プロかブルジョワダイバーのみ覗ける高尚な領域。
雑誌『マリンダイビング(MD)』に入社した数年後だって、廉価な水中カメラが販売され始めたものの、撮影できる写真(もちろんフィルム。。。)のクオリティもチープで、スナップショットとして記念を残せる程度。
ましてや動画なんて。。。 



しかし今や、「器材の前にコンデジ(コンパクトデジカメ)」というエントリー者も珍しくはなく、デジカメは“ダイバー1人1機”といえるスタンダードアイテム。
今春はフルハイビジョンムービー撮影対応のコンデジもリリースされ、オープンソースな動画加工アプリも多数提供されるでしょう。
『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』の「おもしろビデオコーナー」こそ、金持ちの贅沢だと思っていた自分にとって、黒船来航くらいのカルチャーショックです。

前フリが長くなってしまいましたが、Dコミュの動画加工担当として、目からウロコの動画を2点。
『MD』編集部に在籍していたので、生物の写真やうんちくに接することは多かったつもりですが。。。

カニハゼって、ヒレの目玉模様がカニに似てるだけかと思ってました。。。

ダイビング カニハゼ

でも、動きまでカニカニしてたのね。。。

ジョーフィッシュなんて、穴の中でのんびり過ごしてるのかと思ったら。。。

ダイビング

田中マルクス闘莉王ばりのオーバーラップで果敢に飛び出します。しかも速い!!

「百聞は一見にしかず」。
写真(フォト)より映像(ムービー)の方が、リアルな情報を伝えられることは間違いありません。
つくづくすごい時代ですよ、こりゃ。。。
「フォトコンテスト」ならぬ「ムービーコンテスト」をやってみたいな。

※動画もりだくさん! Dコミュ特集もお見逃しなく!
■パラオ
http://diving-commu.jp/feature/index.php?id=1055
■フィリピン・リロアン
http://diving-commu.jp/feature/index.php?id=957
■フィリピン・アニラオ
http://diving-commu.jp/feature/index.php?id=903 

ページトップへ