ユカタン半島のジンベエザメ420匹写真

この記事は約1分で読めます。

2009年、ユカタン半島に現れた420匹以上のジンベエザメの群れの写真。
通常、ジンベエザメは単独行動を取っているが、
このときはサバの一種であるタイセイヨウヤイトが産み落とした卵を補食するため、
大群となったと考えられている。

NATIONAL GEOGRAPHICより) 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW