古代の海の王者アノマロカリス

この記事は約1分で読めます。

5億年以上前の海で、食物連鎖の頂点に立っていたとされるアノマロカリスの複眼の化石が、オーストラリア・カンガルー島で発見された。
見つかった複眼は1つが全長3センチで、それぞれ1万6000個の「個眼(レンズ)」を備えていたという。


AFP BBNewsより) 

\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

writer
PROFILE
学生時代にアルバイトをしながらダイビングを始め、『マリンダイビング』編集部を経て独立。2007年にオーシャナの前身となるダイビング・ドット・コミュを立ち上げる。
現在はフリーライターとして活動。旅行ガイドブックや企業インタビュー、WEB記事など、多くのジャンルとメディアにおいて、取材・撮影・執筆を行なっている。
モットーは「楽しく安全なダイビング」。苦手なスキルは耳抜き……。
  • facebook
  • twitter
FOLLOW