ヘッドラインHEADLINE

第37回世界水中映像祭レポート-日本映画「てぃだかんかん」が受賞閲覧無制限

カテゴリ:
海外ニュース
タグ:

今年で37回目を迎えた世界的な水中映像のイベント、世界水中映像祭(FESTIVAL MONDIAL DE L’IMAGE SOUS-MARINE)。
今年は10月27日(水)〜31日(日)にマルセイユで行われました。

第37回世界水中映像祭

ジャック・イヴ・クストーの息子ジャン・ミシェル・クストー氏が会長を務める今年の映像祭は、ジャック・イヴ・クストーの生誕100周年も記念して行われたものです。

コンクールのカテゴリも、映像部門、水中写真部門、ウェブサイト部門など6つに分かれ、例えば水中写真部門などは世界各国から254人(!)もの水中写真家が集まるほどの映像祭です。

日本からは、SeatoolやRecseaのブランドを作られているハウジングメーカー・エヌティエフさんがブースに出品されていました。そのエヌティエフの中村裕さんから、世界水中映像祭の模様のレポートをいただいています。

以下、その中村さんからのレポートを元に、お伝えさせていただきます!

=====================================================

37年の歴史を誇る世界水中映像祭にて、日本映画「てぃだかんかん」が水中映像の部門賞を受賞しました!

今回、長年に渡りフランスと日本の掛け橋として御活躍のヌーベルオセアン(nouvel ocean)富樫一紀さんが中心となり、様々なジャンルから日本を感じ発信できる物を選りすぐってこの映像祭に出展しました。

広大なル・ファロ宮殿内の会場には世界各国より総勢80近いダイビング関係社がブースを出し、様々な海にちなむ物を紹介していました。

水中写真部門では、静岡・三保IRONの鉄多加志さんとニューカレドニアALIZEの小川理志さんが254人の参加者の中から予選を通過されました(残念ながら入賞までは至りませんでした)。

そして映像部門のフィクション部門で入賞したのが、李闘士男監督の「てぃだかんかん」です。

映画「てぃだかんかん」

水中映像が上映時間の30%を占めていないといけないルールがあったのにも関わらす入賞できたのは、実話を元にしたサンゴ礁復活にかける沖縄の方々の熱い思いが映像となって審査員の方々に深く感銘を与えたことが大きいと思います。
2時間の映画で英語字幕というハンデがあったにも関わらず受賞できたことの意義は、とても大きいと思います。

沖縄コンベンションビューローから受託していた仏語と英語の沖縄ガイド本は、飛ぶようになくなっていきました。
MANGAをはじめ日本文化に興味大のフランス人にとって、世界遺産の川平や石垣クラブメッド以外に沖縄を知る機会が少なく、今回沖縄を舞台にした映画が受賞したことによってより一層日本のダイビングに興味が持ってもらえたのは幸いかと思います。

=====================================================

以上、中村さんからのレポートでした!

なお、エヌティエフさんが展示していた3Dカメラ対応のハウジングは現地でも大きな注目を浴びたとのことです。

展示されていたのは、富士フイルムの3Dコンパクトデジタルカメラ「FinePix REAL 3D W3」とパナソニックの3D対応ビデオカメラ「TM750(3Dレンズ使用)」と、そのハウジング。

それらの機種に対応したRecseaさんのハウジングは、ヨーロッパのメーカーが展示していた器材よりもコンパクトで、性能も行き届いており、注目されていたようです。

展示物にも関わらず購入希望者も多かったようで、そのお話からも人気ぶりが伝わります。
しかも最近は中国製のコピー商品(ハウジング)も登場しており、円高の影響もあって不利な価格設定にも関わらず注文があったようです。そうやって価格ではなくハウジングの性能で選んでくれる“目”を持った現地のフランス人もすごいですね!

他にもRecseaさんが出していたキヤノンのコンパクトデジタルカメラ「G12」、「S95」やSONYのデジタル一眼「NEX-5D」も人気だったようです。これらかなり新しい機種のハウジングが登場したことにも、現地の方々は驚いたのでしょう。
ヨーロッパのダイビング関係者に日本のメーカーの実力を知っていただく、良い機会になったと思います。

こうした国際的な場で日本の映画、日本の写真家(現地ガイド)、日本のメーカーが活躍されていることはとても嬉しいことですね。
今後、ますます日本の文化・プロダクトが海外に認められることを願っています!

◇そのほか、海外のフォトコンテストの記事
思わず胸が痛くなる「海洋保護写真コンテスト」の受賞作 « スキューバダイビング.jp
迫力満点!イギリスの「環境&野生生物写真コンテスト」受賞作 « スキューバダイビング.jp
海面が数千匹のエイの群れで埋め尽くされる!環境写真コンテストの優勝作品がすごい « スキューバダイビング.jp

◇こちらの海外フォトコン、作品募集中!
国際的なオンライン水中写真フォトコン創設 « スキューバダイビング.jp

ページトップへ