’12上方水中映像祭りが作品募集をスタート 〆切は10月31日

大阪発、今や日本の一大水中写真イベントとなった上方水中映像祭り。
今年も作品の募集がスタートしています。

'12上方水中映像祭り

開催決定のニュースや開催概要は、6月にアップしたこちらの記事をご覧ください。

スライドショー&ムービーの一般公募については、以下の通りとなります。

<応募規定>
・プロ・アマチュア一切不問、グループ作品も可。
・作品は全てデータでの応募に限る。
・未発表のものに限る。
・メインは水中撮影されたものであること。
・当日、会場にて1分程度の作品の紹介をしていただけること。
・人の顔が入る場合は必ずご本人の確認をとること。
・作品の上映時間は5分前後(厳守)
・前に空白を3秒入れる。
・画像サイズはJPEGで、縦写真も横写真も、縦の辺が1080になるようにする。
・書き出しは、16:9のハイビジョンサイズを選択する。
・カラーはsRGBに統一。
・何かテーマに沿って制作し、必ずタイトルをつける。
・Windows Media Playerで再生出来る形式で制作し必ず動作確認をしてから提出する。

※ 提出期限後に、作品の交換は一切できません。

<提出方法>
・別紙に氏名・名前・プログラムに載せる名前(本名かハンドルネームか)・住所・電話番号・メールアドレス・作品タイトルを記入し同封する。
・CDに収録し、郵送する。CDにも氏名・作品タイトルを記入する。
・郵送した旨をkanjidan@gmail.com宛にメールする。

※ 当日は、ノートパソコンで再生し、大きなスクリーンで上映します。
作品の返却は致しません。(外部に流出しないようこちらで責任を持って対処します。)

<応募受付>
2011年10月1日〜10月31日

<締め切り>
2011年10月31日必着

<発表>
・ネット上にてプログラムの発表を致します。
・出展が決まった方にはメールでご連絡致します。

<送り先>
〒570-8799
大阪府守口市日吉町2-5-2
守口郵便局留め
上方水中映像幹事団 冨弥充

みなさま、どうぞ奮ってご応募ください!

また当サイトでは去年の上方水中映像祭りにあたって特集を組みました。
そのときの特集も、まだお読みでない方はぜひご覧ください。
このイベントの成り立ちなどがすぐ分かるかと思います!

writer
PROFILE
2002年から2014年まで広告代理店(株式会社電通)に勤務し、テレビCM・グラフィック(新聞・雑誌)広告・ウェブサイト等の企画・制作や、各種プロモーションの立案に携わる。

電通で働いていた頃から、土日は都市型ダイビングショップのダイビングインストラクターとして講習やガイドを行う。

ダイビングが好きな人たちに自分なりの形で貢献したいと考え、メディアへの知見とインストラクターとしての経験を活かし、2010年にスキューバダイビング.jpを立ち上げる。
その後、2012年4月から越智隆治、寺山英樹とオーシャナを立ち上げ。

オーシャナでは、サイト全体の管理・運営や記事執筆、物販、営業など、プロデューサー的な役割を担う(なんでも屋とも言う)。

好きなものは音楽のライブ・フェスとサッカー。
男ではあるが普段着はスカートを愛用。