ocean+αヘッドラインHEADLINE

国際サンゴ礁年2018 オフィシャルサポーター 〜イベント告知及びレポートまとめ〜

20180404sangoshonen_bnr

見た目が美しいだけではなく、さまざまな生物のすみかや海水のCO2濃度調節など、生態系としても重要な役割を持つサンゴ。
ところが近年では、地球温暖化による海水温の上昇、海洋汚染物質などの要因によって、世界的にサンゴの白化現象が進みつつあります。

現在、世界中の58%ものサンゴ礁が、過度の衰退、あるいは危機に直面していると推定されています(参考:「環境省 サンゴ礁の保全取り組み」より)。

今後も同じような状況が続くと、遠くない未来、世界中のサンゴ礁の大半が失われる可能性があると言われています。
これを防ぐため、2018年は国際サンゴ礁年に指定されました。

国際サンゴ礁年とは
国際サンゴ礁年とは、サンゴ礁の生態系の価値や、それを取り巻く脅威について、より広く認識・理解するよう普及啓発し、一人一人の行動を促すために世界規模で行っているキャンペーンのこと。

 

サンゴ礁生態系保全の国際協力の枠組みである、国際サンゴ礁イニシアチブ(ICRI)が、1997年、2008年に引き続き、2018年を3回目の「国際サンゴ礁年」に指定すると宣言したことに基づいて決定されました。

各国において、政府・民間・学術団体・市民社会のパートナーシップの向上、効果的なサンゴ礁管理戦略の実施、持続可能な管理に関する情報共有等を推進することを奨励しています。

オーシャナが国際サンゴ礁年の
オフィシャルサポーターに!

thumbnail

オーシャナは、国際サンゴ礁年2018の趣旨に沿って、サンゴ保全や普及啓発の活動・支援を行うこととし、環境省により、国際サンゴ礁年オフィシャルサポーターとして任命されました。

国際サンゴ礁年の知名度向上と、サンゴの保全、生態系の素晴らしさや大切さを多くの人に伝えていきたいと思います。

他のオフィシャルサポーターが行なっている活動やイベントの告知、レポートをこちらのページに順次追加。
これ以上サンゴがなくならないよう、正しい知識を学び、ダイバーとして一人一人が行動していきましょう。

0

ページトップへ