Welcome to
SNORKELING

2

器材とその使い方を
伝授します

シュノーケリングを始めるなら、まずは器材のことをよく知りましょう。器材は、購入するほか、ショップでレンタルする手もあります。

シュノーケリングに
必要な器材はコレ!

マスク・シュノーケル・フィンの3点セットのほか、安全面を考えて、ライフジャケットなどの浮力体を身につけるのがベター。 その他、予期せぬけがやトラブルを防ぐためにも、体を保護するアイテムを準備しましょう。

  • マスク・シュノーケル

    マスクは水中でクリアな視界を確保するもの。ゴーグルとは違い、鼻まで覆われているのが特徴。シュノーケルは口にくわえて、水面で呼吸をするための道具。マスクに装着してセットで使用します。

  • フィン

    足に装着し泳ぐことで、効率よく推進力が得られます。形状や素材によって、必要となる脚力や蹴り心地が異なります。

  • ライフジャケット

    浮力が確保されるため、安定して水面に浮いていることができます。安全を確保するためにも着用を。さらにウエットスーツも着用すれば、浮力確保と保温効果も得られます。

  • グローブ

    ゴツゴツした岩肌やウニ、貝などから、手を守るために装着します。水に浸かってふやけた手は傷がつきやすいため保護を。

  • ブーツ

    砂浜や岩場を素足で歩くのは危険です。けがをしないために、必ず着けましょう。フィン擦れ防止にも一役かいます。

その他のアイテム

水着・ビーチサンダル・ラッシュガード・タオル・マスクの曇り止め・日焼け止め・防水カメラ、など。

3点セットの装着方法

正しく装着することが、安全なシュノーケリングへの第一歩です。けがやトラブルのリスクはぐんと減ります。

  • マスク

    レンズ部分を顔にはめて、片手で押さえながらストラップを後頭部へはめます。ストラップは耳より上に。 髪の毛がマスクと顔の間に挟まっていると、マスクに水が入ってくる原因になってしまうので要注意。

  • シュノーケル

    マスクのストラップの左側に装着しておきます。マウスピースが口でくわえやすい位置にくるように調整を。 マウスピースを口に入れ、「あ」「い」「う」と声を出して、違和感がないかチェックします。

  • フィン

    ストラップタイプは、足を入れてからストラップを締めて固定。 フルフットタイプは、かかとの部分を外側に折り、足を奥まで入れてから、折り返していた部分を元に戻します。後ろ歩きでの移動がベター。

Advice
  1. ウエットスーツが着にくい場合は、一度濡らしてから着用すると着やすくなります。
  2. 目が悪い人は、二眼タイプの度入りマスクをチョイスするか、コンタクトレンズを付けたままマスクを装着します。 コンタクトレンズが水に流されるリスクもあるので、使い捨てのものがいいでしょう。
  3. マスクを装着した際は、口呼吸をしましょう。鼻呼吸をすると、マスクが曇ってしまいます。
  4. 靴づれしやすい人は、ブーツを履く前にワセリン等で肌を保護しておくと軽減されます。
基本テクニックを練習しよう

海へのエントリーは、浅瀬やプールなどでひと通り練習してから。 基本的なテクニックをマスターしておかないと、海でトラブルが起きたときにパニックになってしまいます。しっかり練習し、安全に海を楽しみましょう。

  • STEP1
    マスククリア

    マスクに水が入って入ってしまったときの対処法。マスクの上部を押さえ、鼻から息を出しながらゆっくり上を向きます。

  • STEP2
    シュノーケルクリア

    シュノーケルの中に水が入ってしまったときの対処法。水が入った状態で「トゥッ!」と勢いよく息を吐いて水を出します。

  • STEP3
    水面に浮く

    全身の力を抜いて、水面に浮く練習をします。浮力が確保されているので、自然に浮きます。その感覚をつかみましょう。

  • STEP4
    フィンキック

    水面に浮きながら泳ぐ練習をします。膝と足首はなるべく伸ばし、脚の付け根から振り下ろすイメージでキックします。

  • シュノーケリングデビュー♡

    器材の使い方をマスターしたら、海へGO! 水中世界に夢中になっているうちに、いつの間にか器材の扱いにも慣れてくるはずです。

ページトップへ