ocean+αヘッドラインHEADLINE

堀口和重の「イキイキと生きる!生き物伊豆紀行」

ナガハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイが乱舞する(撮影/堀口和重、撮影地/大瀬崎・先端)

ナガハナダイ、サクラダイ、キンギョハナダイが乱舞する(撮影/堀口和重、撮影地/大瀬崎・先端)

写真は普段撮影をしている伊豆半島の大瀬崎。

冬場の透明度が良くて、太陽の光が海を明るく照らす。
そしてその青い海の中に、ハナダイたちが桜吹雪のように舞う。

生き物の動き、海峡、いくつかのタイミングが重なることにより、写真としての表現が初めて可能になる。

だが、ダイビングを始めた当初は、このような世界が伊豆にあるとは思いもよらなかった。

初めてのダイビングは、東伊豆の赤沢の海。
6月上旬ということもあり、入る前は、寒いし……暗いし……。嫌な思い出のみが残りそうだった。

だが、その中で目を引いた生き物がいたのは今でも覚えている。
伊豆では浅い場所に生息して、そこら中で観察できるクロホシイシモチ。

この魚たちをよーく見ていると、不思議とみんな同じ方向を向いていた。気になって気になって、他の海で潜ったときも魚たちをジッと見てみると、やはり群れは同じ方向を向いている。

たったそれだけのことだったが、ちょっとした不思議や疑問を見つけながら潜ってみたら、もうかれこれ10年以上は経過していた。
途中で南方の海で仕事もしたのだが、戻ってきたのは“伊豆”。この海には何かの縁があるのだな、と日々考えさせられた。

ダイビングというと、潜っていない人から見ると、最初に思い浮かぶのは南の島などで潜ることであろう。
南に行けば行くほどカラフルな南方種が出てくるのが一般の人たちの考えであり、さらに夏の暑い日に海に入りたいと考えるのがおおよそだと思う。

透明度も南に比べると落ちるし、さらには寒い冬場に潜るのは……とも思われがちだろう。
もちろん私も寒いのは苦手であり、冬場は布団から出るのもやっとのことである。だがそこでしか見られることのできない生き物たちの表情や感動はたくさんある。

伊豆に年中通い続けているダイバーは別だが、伊豆にあまり来ないダイバーの方や一般の人にも、伊豆の海ってこんなに生き物がいるのか!!おもしろいな!!と思ってもらえることを、写真や記事にして書いていきたいと思う。

水中カメラマン・堀口和重さんプロフィール

伊豆の大瀬崎にある大瀬館マリンサービスにチーフインストラクターガイドとして勤務後、2018年4月にプロのカメラマンに転向。
現在は伊豆を拠点に水中撮影から漁風景や海産物の加工まで海に関わる物の撮影を行っている。
▶堀口和重写真事務所ホームページはこちら
▶堀口さんのFacebookはこちら

0

ページトップへ