週刊スキルアップ教室

通常の潜降(フィートファースト)の成功例・失敗例(解説動画つき)

フィートファースト潜降

◆失敗例

◆成功例

【失敗①】お尻から急降下

お尻から落ちるヒップファーストで水底に墜落してしまうと、水底のウニにお尻が刺さったり、サンゴを折ってしまうなどいいことは何ひとつない。


あ〜れ〜

原因はBC操作に夢中になってしまい、潜降時からヒップファーストになっているケースが多い。

【成功①】前傾姿勢

フィートファーストの理想のフォームは前傾姿勢。
前傾姿勢を保つには最初が肝心で、潜降開始時から意識的に目線を海底に向けるのがコツ。
正しい前傾姿勢で潜降し、着底地点に近づくにつれてさらに前傾姿勢になり、最後は泳ぐときと同じように水平姿勢になるのが理想的。

■視線は潜降地点
■首を前に倒す
■腕は前で組み動かさない
■背中は反り気味。タンクを載せるイメージ
■ヒザを折りむやみに動かさない 

【失敗②】沈めない……

単純にウエイトが足りていないケースもあるが、呼吸が乱れて息をしっかり吐き出せていなかったり、水中でバランスを崩し、手でもがいたり、フィンキックしてしまうなどのケースが多い。
結果、浮力が生まれ、なかなか沈めない原因となっている。

【成功②】息を...

記事全文をご覧いただくには、
オーシャナメンバーシップへのご 登録・ログインが必要です。
(ご登録は無料でできます)

クルー(会員)の方は下記のボタンからログインページへお進みください。
クルー(会員)登録がまだお済みでない方は、登録申し込みページにてお手 続きください。

ページトップへ