週刊スキルアップ教室

お風呂でスキルアップ!閲覧無制限

なかなか海へ行けないあなた。

お風呂でスキルアップ!

とその前に注意点。

ひと〜つ。見られないように。これ大事です。
母ちゃんが急に脱衣所に来て、「お風呂入っているの〜?」なんて声をかけてきて、浴槽の中で一生懸命練習していて気がつかずにガチャ。

ドアを開けると……

ド〜ン!

さらに近づくと……

母ちゃん、間違いなく腰抜かします。

女子の場合、父ちゃんに入ってこられたら、それこそ大変。

ひと〜つ。死なないように。これ、とっても大事です。
いや、実際にやってみて、思いっきり鼻から水飲んで痛感。
しかも、スッポリ浴槽にはまっているので、焦る焦る。
夫婦や恋人がいるなら、一緒にやるのが最善かもしれません。
でも、違うスキルアップしちゃダメよ。

マスククリアの練習をしよう

マスククリアが苦手な人、特に技術的なことより水にストレスを感じる人にかなり有効。
まず、スキルアップの鉄則として、以下のように徐々にストレスを上げていくことを心がけよう。

1)湯船に顔をつけずにマスクの中に水を入れてクリア

湯船から顔を出した状態でマスクに水をいれる。
通常のマスククリアと同じ要領でマスククリアの練習。
まずは、ストレスの低い練習で、手順とコツを確認するのだ。

2)スノーケルで呼吸を確保しながらクリア

スノーケリングで呼吸を確保してマスククリア。
背をもたれて、顔を起こすのがコツ。
真上を向いてやると、鼻から水が入って悲惨なことに……。

3)呼吸を確保せずにマスククリアができたら完璧

実際のダイビングでは呼吸が確保されているが、呼吸ができないというより高いストレスを安全なお風呂で経験しておくことにより、海では落ち着いてマスククリアができるはず。
ということで、あの独特の窒息感をお風呂で感じ、それを克服しておくことは、自信というと大げさだが、安心感につながりストレスを軽減させてくれるはず。

ブランク明けやストレスを感じる人は、お風呂でマスククリアをしてみてはいかが?

【追記1】
ストレスにおける水温は重要。
いきなり温かい水でやるのではなく、少々水温の低い状態から練習を始めて、風邪をひかないように後で追い炊きして体を暖めるといいかも。

【追記2】
ホースをくわえる方法もある。
これはレギュレーターの代わりをしてくれるので、マスクリカバリーの練習に有効(スノーケルだとマスクごと取るので呼吸を確保できない)
しかも何だか楽しい。でも、やっぱり見られないように(笑)

ページトップへ