ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Palau / パラオ

カンムリブダイの大産卵!!

発見!世界初!

Photo&Text
越智 隆治
Design
tomato
Special Thanks
ブルーマーリン
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
1012palau_

Palau,Grassland

パラオのブルーマーリンが、前回の複数のオリジナルポイント開拓に続き、今度はそのオリジナルポイントを潜り込むことによって、世界的にも珍しい、否、世界初かもしれない、とんでもないシーンを発見してしまった。カンムリブダイの大産卵の撮影。頭上には、推定1000匹を越えるカンムリブダイたちが、今にも臨戦態勢。やる気満々の彼らの熱気が、ダイバーの僕たちにも伝わってきた。底知れないパラオの海の実力と、ガイドのリサーチ力の深さを今、実感する。

パラオ・grassland・カンムリブダイの大産卵

最終調査と、確証をつかむための取材

2010年10月10日、ブルーマーリンの富永直之さんから、久しぶりのメールが届いた。パラオ・grassland・カンムリブダイの大産卵10月の新月前、「グラスランド」でとんでもないシーンに遭遇したから、急遽WEB-LUEの取材で来て欲しいという内容。グラスランドは、前回ブルーマーリンが新たにウーロンエリアで開拓したポ イントの中の一つ。サンゴのリーフに囲まれた、砂地の緩やかなスロープが広がる癒し系のポイントだ。ブルーマーリンの開拓したオリジナルポイントの中でも自分自身、そのうち定番で多くのダイビングサービスに利用される可能性が高いと指摘したポイントでもある。前回取材終了直後も、「グラスランドで500匹ものカンムリブダイの群れに囲まれたんですよ」という報告をもらっていた。あれから1年、彼らはそのカンムリブダイが何故群れるのかを調査し続けて、とんでも無いシーンに遭遇したというのだ。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

Special Thanks

1012palau_pic09
ブルーマーリン
http://www.meluis.com/

今回の世界的にも珍しいカンムリブダイの大産卵を発見したのは、前回、多くのオリジナルポイントを開拓してきた、ブルーマーリン。今は北部の開拓に力を注ぐとともに、スノーケルなどによる、北部カヤンゲルエリアへのエコツアーも開催している。リピーターも多く、定番のブルーコーナーやジャーマンチャネルだけでなく、バリエーション豊富なオリジナルポイントなどオリジナルポイントなどに、案内してくれる。

ページトップへ