【連載】ダイバー必見!2022年、全国各地のガイドたちが薦める海はここだ!(第4回)

【静岡県・土肥】ダイバー必見!2022年夏、全国各地のガイドたちが薦める海はここだ! 連載No.4

この記事は約3分で読めます。

「あの海、今年はどんな感じかなぁ…」、「夏はどこに行こうかなぁ…」と考えているダイバーの皆さまへ、全国各地のガイドたちが今シーズンの現地の海情報を提供!

今回は、静岡県伊豆市にダイビングサービスを構える「土肥ダイビングサービス」の代表・金原悠祐(きんぱらゆうすけ)氏(以下、金原氏)にお話を伺った。

編集部

お薦めの海を教えていただけますか?

金原氏

静岡県伊豆市小下田の夏季限定(※)ボートポイント「とび島沖パートⅡ」です。ここは大好評の夏季限定ポイントで、今季は例年よりも早く開放になりました。
※今年は11月30日まで開放予定

ポイント位置

ポイント位置

ポイントマップ

ポイントマップ

編集部

ポイント名が独特ですね(笑)!とび島沖パートⅡの最近の海の様子はいかがでしょうか?

金原氏

昨年にも増して、ソフトコーラルが豊かで、魚影も濃く土肥の夏を全力で味わえるポイントです。

編集部

“夏を全力で味わえるポイント”、気になります!! どんな種類の魚がいるのでしょうか。

金原氏

毎年お馴染みのキンギョハナダイやタカベ、タカサゴの群れが根を覆って見えなくなるほどですよ。これからの時期はさらに、ツムブリやカンパチ、ワラサなどの大型回遊魚の群れや、ハンマーヘッドシャークが見られることもあるかも。マスコットの巨大スジアラが今年も根にすみ着いています。

キンギョハナダイ

キンギョハナダイ

タカベ

タカベ

スジアラ

スジアラ

編集部

なんだか、すごい海…。群れ全体をワイドで撮影するのが楽しそうですね!

金原氏

そうですね、最近は一眼カメラやGoProなど、こだわりのカメラで撮影することを目的とする中~上級者ダイバーの割合が大きくなったように感じます。

編集部

ボートダイビングなので、カメラを持ちつつもしっかりと自分で潜降と浮上、そして中性浮力が取れるくらいのレベルは必要そうですね。最後にひと言お願いします!

金原氏

小下田のボートポイントは激熱です!この夏も刺激的なダイビングに出発しましょう!

編集部

夏必見のポイントですね!金原さん、ありがとうございました。

夏季限定ポイントの「とび島沖パートⅡ」。群れ好きにはたまらない景色が広がっているに違いない。ハンマーヘッドシャークが見られたら、ダイバー仲間にも自慢できるかも。

協力:土肥ダイビングサービス
 
\メルマガ会員募集中/

週に2回、今読んで欲しいオーシャナの記事をピックアップしてお届けします♪
メールアドレスを入力して簡単登録はこちらから↓↓

PROFILE
2018年、電子部品メーカーに新卒で入社。同時にダイビングも始める。平日は広報室で社会人としての経験を積みながら、土日は海通い。次第に海やダイビングに対しての想いが強くなりすぎたため、2021年にオーシャナに転職。
現在はライターとしてネタ探しに目を光らせているが、海やダイビングについての記事を書けることに幸せを感じている。ダイビングをもっと広める!子どもたちの未来にも綺麗な海を届ける!そんな想いで日々活動している。
  • facebook
  • twitter
  • Instagram
  • youtube
FOLLOW