週刊スキルアップ教室

適正ウエイトのはかり方閲覧無制限

オーバーウエイトで潜っているダイバーはかなり多い。

Cカード講習では、「とりあえず浮かせたくない」というイントラ心理から、かなりのオーバーウエイトで潜らせることになるケースが多い。
以来、あまり深く考えずに講習時のウエイト量で適当に潜ってしまうことになるのだろう。

本数を重ねるに連れてウエイトを減らすダイバーも少なくないが、それでもきちんと正確にはかったことのないダイバーは結構多い気がする。

1キロ減るだけでも快適度はかなりアップするので、自分の適正ウエイトを知らない人は、きちんとはかってみてはどうだろう?
何も難しいことはなく、しかも、たったの一度はかってみるだけでいいのだから。

適正ウエイトのはかり方

1)ダイビングする時と同じ装備で腹ばいの状態で水面に浮く

ダイビング 適正ウエイト
器材をかかえるようにしてはかるとスムーズ

2)BC内のエアを完全に排気

→排気した時点ですぐに沈んでしまうなら、完全なオーバーウエイトなのでウエイトを減らす。

3)息をすべて吐き出す

→吐いてすぐに沈んでしまうようならオーバーウエイトなので、ウエイトを減らす。
→逆にまったく沈まないようなら、ウエイトが足りないのでウエイトを増やす。
息を吐ききって数秒後に沈みだすのが理想のウエイト量。

4)最後に、後半に浮くことを見越して1キロプラスする

ページトップへ