週刊スキルアップ教室

ジャイアント・ストライド・エントリーの成功例と失敗例(解説動画つき)閲覧無制限

ジャイアント・ストライド・エントリーの成功例と失敗例を紹介。

◆失敗例

【失敗1】つんのめって腹を打つ……

ジャイアントは、前方に前に行ってから下に落ちるという流れ。
水面への意識が強く、直接水面に向かって行ってしまうと顔面強打の刑。
また、恐怖心からヘッピリ腰で踏み出しが足りないと、前のめりに上半身だけ突っ込みやはり顔面強打の刑が待っている。

【失敗2】船縁には足をそろえて立つ

船縁に両足をそろえてから踏み出すと……ひっくり返って全身強打〜。
そう、足をそろえると思っている人は少なくないがこれは間違い。
というのも、細い船の縁に両足をそろえるのは、体勢が崩れやすく危険極まりないのだ。

◆成功例

【成功1】前を向いて大きく一歩

上半身先走りの失敗を回避して、
正しいジャイアントを成功させるには、まずはしっかり全身が前に進むこと。
そのためには、真っ直ぐ前を向き、大きく一歩踏み出すことがポイントとなる。
ということで、 “ジャイアントストライド”という名前の通り、大股おっぴろげで、思い切った大きな踏み出しをするのが成功のポイント。

しっかりおっぴろげて着水すれば、踏み出した足のフィン裏と後ろ足のフィンの甲で、着水の衝撃を吸収する。

【成功2】船縁をまたいでエントリー

船縁に片足を乗せたら、もう片方の足は船縁をまたぐようにエントリーするのが正解。
足がそろわずスムーズな体重移動を行なえる。

【手順のまとめ】

①衝撃に備える
まずは、水面をチェック。
人や障害物がないか確認し、ゲージ類が船縁になどにひっかからないように両腕で抱え込む。
着水の衝撃でくわえたレギュレーターとマスクが外れないように手でおさえ、もう片方の手でストラップを押さえる。

②船縁をまたぐ
船縁に片足をかけ、逆の足を海に踏み出す。

③前を向いて大きく一歩
歩行の延長のような感じで、前を向いて大きく一歩踏み出し着水!

ページトップへ