ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Saipan / サイパン

サイパン、グロット

サイパンの青い玉手箱 グロットの彩光

Photo&Text
鍵井 靖章
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
200505_saipan_cover

Saipan / サイパン

サイパン、グロット

サイパンの青い玉手箱 グロットの彩光

Photo&Text
鍵井 靖章
HTML WEB MAGAZINEを見る
200505_saipan_cover

サイパンの青い玉手箱 グロットの彩光

ダイビングエリアとして,常に注目されているサイパンの海。ビギナーからベテラン、カメラ派まで幅広い層に支持されている。今回はサイパンでのダイビングの代名詞とも言うべき「グロット」に注目してみた。名物の111段の階段の先にある大きなドームは、青くて美しい世界への入り口。エントリーして外洋のほうに振り向くと、そこには大きな3つの光が存在する。薄暗いなかで見る青い光は様々な箇所に滲み、神秘的な空間を創造する。サイパンに海の色を象徴する「グロットブルー」の魅力に迫る。

サイパン、グロット

薄暗い水面に浮かび上がる青い泉へ

有名な長い階段を降りて、サイパン、グロット大きな洞穴の中央にある楕円形の岩からエントリーする。水中に身を潜めると薄暗い大きな空間の先に、窓のような3つの青い穴が見える。その窓からこぼれる青い 光は、薄暗い海底、転がる巨岩、そして魚たちなどに映り、幻想的な世界を創造している。青色ばかりが強調されるその空間は、すこし深遠の海底のようにも思える。私が最も心奪われたのは水面に滲む青色。水中から見上げたその光は、深度や角度を変えることによって、様々な表情に変化する。それはまるで青い砂漠のようであり、また川の流れのようにも見える。同じ光をエントリー前にも確認することができる。陸から見るその光は、薄暗い水面に浮かび上がった青い泉のよう。美しく、どこか抵抗感のある青色に惹かれる。

>>続きはPDFマガジンをご覧ください。

ページトップへ