ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Hokkaido / 北海道

トド!北海道積丹半島、幌武意 part1 かいじゅうのすむ海

北海道のウェブマガジン、第1弾はトド!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー、ゼムハウス
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Hokkaido / 北海道

トド!北海道積丹半島、幌武意 part1 かいじゅうのすむ海

北海道のウェブマガジン、第1弾はトド!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー、ゼムハウス
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る

船旅のススメ
ダイビング器材を積んでそのまま北海道へ!

取材班が船旅を選んだ理由
近場感覚で北の海へ

さんふらわあ号の船旅

今回、取材班が北海道へ行くにあたり、まず悩んだのがアクセス。
当然、飛行機でのアクセスが真っ先に頭に浮かんだものの、なかなか条件が厳しい…。

というのも、やはり慣れない海では自分の器材やドライスーツを使いたいし、何より撮影機材が多く、飛行機だと明らかにとんでもない重量オーバー…。
さらに、空港までの移動を考えて考え込んでしまった時にふと浮かんだのがカーフェリー。

調べてみると、大洗から苫小牧までの商船三井フェリーが定期便を運航しているのを見つけ、内容を見るとまさに取材班にぴったり!
マイカーであれば、器材をそのまま持っていけるし、撮影機材もなんのその。

大洗港

大洗港

実際、大洗港まで東京から2時間弱。
あとは船旅を楽しみ、苫小牧から札幌まで1時間弱。
取材班にとっては、伊豆に行くような手軽さで、とても快適なアクセス手段。
のんびり船旅を楽しめるおまけもついた。

ダイビング器材や撮影機材など、ダイビングツアーは何かと荷物が多いので、マイカーで行けるのは大きなメリット。帰りは荷物もたっぷり持ち込める

ダイビング器材や撮影機材など、ダイビングツアーは何かと荷物が多いので、マイカーで行けるのは大きなメリット。帰りは荷物もたっぷり持ち込める

料金、時間、快適度……
空と海、ファンダイバーにとってよいのはどっち?

取材班にとって快適だった船旅だが、遊びに行くダイバーにとってはどうだろうか?
飛行機を利用して北海道へ行く人は多くいるので、今回は主に船旅をクローズアップして紹介する。

まず、気になる料金に関しては、トドのシーズン、最も安い客室プランを利用してマイカー1台4人で行った場合、1人頭は往復で2万5000円ほど。
格安航空券から通常チケットまでいろいろあるが、付加価値を考えれば、エアと比べてもリーズナブルな料金といえるだろう。

あとは、空港なら羽田まで、港なら大洗までにかかる料金と居住との兼ね合いとなるが、ダイバーの荷物の持ち運びを考えると、フェリーはおススメ。

吹き抜けのロビーは開放感たっぷり

吹き抜けのロビーは開放感たっぷり

時間だけを考えると、1泊することになるフェリーの方が当然時間はかかるが、これはフェリーの利用をただの“アクセス手段”と考えるか“船旅”で考えるかで違ってくる。
ぜひ、船旅をおススメしたい理由は、その施設の充実ぶり。

レストラン

レストラン

下の写真とどちらか選べる客室!

下の写真とどちらか選べる客室!

さんふらわあ号の客室(撮影:越智隆治)

船旅には欠かせないレストランやくつろぎのラウンジのほか、海を一望しながら入れる展望浴場やゲームセンター、マリンシアターまであり、単にアクセスの域を出て、これも立派な一泊の旅。
ダイビングツアー、プラスαが楽しめる。

海を一望しながら浸かるお風呂は最高。サウナも完備

海を一望しながら浸かるお風呂は最高。サウナも完備

娯楽施設充実の船内にはマリンシアターも!

娯楽施設充実の船内にはマリンシアターも!

さらに、飛行機とは違って“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士ワイワイと移動できるのもカーフェリーのよいところ。
ダイビングを楽しんだら、マイカーで北海道の観光も欲張りたい。

Special Thanks

Avii Wave(アビイウェーブ)
http://www.aviiwave.com/

若き代表・西村伸人さんは北海道の海ならお任せの道産子ガイド。
特にトドの海で修業を積んだ経験を活かし毎年トドツアーを開催している。
その他、きめ細かいケアに定評のある(ケーキ作りと料理が得意♪)矢野達也さん、撮影のことならお任せの大川拓哉さんなど、どんなダイビングスタイル、講習にも対応できる布陣で完全サポート。

積丹半島を中心に潜っているが、今回ご紹介したトド・ダイビング、北海道マガジンPART2でも紹介する知床の流氷ダイビング、淡水ダイビングの支笏湖などなど、札幌拠点に北海道を広く潜っている。

北海道ダイバーはもちろん、一度北海道を潜ってみたいと思っている北海道以外のダイバーも、札幌の観光やグルメも楽しみたいならオススメ。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-26
tel:011-788-9832
support@aviiwave.com

商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/

北海道へのダイビングツアー、カーフェリーがおすすめ!
さんふらわあ号によるカーフェリーがおすすめな理由は…

・エアと比べてもリーズナブルな料金
・ダイビング器材とカメラ機材の持ち運び
・レストランやラウンジのほか、展望浴場、ゲームセンター、マリンシアターと充実の施設
・“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士の賑やかな移動

Information

夏の北海道を潜る!オーシャナ×アビイウェーブスペシャルプラン

夏の北海道を潜って遊ぶスペシャルプランを、アビイウェーブがオーシャナ読者のために送るラインナップ。
送迎もある嬉しいプランなので、札幌を楽しみたい人も、空港から直接潜りにいきたい人も、この機会に北海道の海を欲張ろう!

1.日本一きれいな湖でダイビング 支笏湖

日本一きれいな水といわれる不凍湖「支笏湖」。透明度抜群の水で、水草や倒木といった、湖ならではのシーンを楽しめる。ダイビング後は温泉やジンギスカンも楽しめる!
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

ウニがおいしい季節! 積丹半島

水温が20度を超えるベストシーズンの夏の積丹半島。札幌で遊びながら、日帰りで潜れる嬉しいプラン。
ドライスーツを着たことのない人に向けたレンタルや講習も開催!そして、なんといっても夏の積丹半島といえば、ウニで有名。アフターダイビングでこぼれるようなウニ丼なんて最高かも(よだれ、よだれ)。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

トド&流氷&グルメ 北海道いいとこ取りツアー

取材班がリサーチしたトドと知床の海を中心に、2014年2月、北海道のグルメ、流氷を見ながらの温泉、観光スポットまで、一挙に楽しんでしまおうと欲張りなツアーを企画しました。トドだけ、流氷とクリオネだけの途中参加も可能なので、この機会に、ダイバー目線で北海道のいいとこ取りしましょう!
詳細はこちらのページをご覧ください。
トド&流氷&グルメ北海道いいとこ取りツアー | オーシャナ(現在、ページ作成中です)

ページトップへ