ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Hokkaido / 北海道

トド!北海道積丹半島、幌武意 part1 かいじゅうのすむ海

北海道のウェブマガジン、第1弾はトド!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー、ゼムハウス
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード

Hokkaido / 北海道

トド!北海道積丹半島、幌武意 part1 かいじゅうのすむ海

北海道のウェブマガジン、第1弾はトド!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー、ゼムハウス
Design
Panari Design
HTML WEB MAGAZINEを見る

微笑むダンゴウオのオバケ“、ゴッコ”の哀愁

夏はウエットスーツで潜れるほど水温の上がる北海道だが、今回潜ったトドの海の水温は5度。
しっかり保温していたので陸上ほど寒さは感じなかったが、海の中は静寂に包まれ、ピーンと張りつめた雰囲気が漂っている。

日本海といえばミズダコ。手を広げると、優に人間を包み込んでしまうほど大きさのものも!

日本海といえばミズダコ。手を広げると、優に人間を包み込んでしまうほど大きさのものも!

そんな緊張感とは対照的な北の愉快な仲間たち。
本来、水面を見上げつつトドを探さなければいけないのだが、温帯や熱帯と異なる北の生き物たちに、どうしても目が釘付けになってしまう。

中でも目を引くのが、“ゴッコ”の愛称で親しまれているホテイウオ。
“微笑むダンゴウオのオバケ”とでもいったファニーフェイスだが、産卵の後は弱ってあらゆる生物たちの栄養となる運命。

北のアイドル、ゴッコことホテイウオ(前ページの帽子の正体)。手のひらほどの大きさだが、大きいものはバレーボール大にもなるんだとか!?

北のアイドル、ゴッコことホテイウオ(前ページの帽子の正体)。手のひらほどの大きさだが、大きいものはバレーボール大にもなるんだとか!?

北海道のホテイウオ(ゴッコ)

そこかしこに、白濁して弱ったゴッコがいて、ときにヒトデに覆いつくされ、ときにトドのエサとなり、さらに陸上では人間様の珍味となり…。
キュートなゴッコの微笑みの裏に潜むのは、フランケンシュタインのような哀愁か。

ヒトデやウニ、貝のエサとなるゴッコ…

ヒトデやウニ、貝のエサとなるゴッコ…

いずれにしても、存在感ナンバー1の北のアイドルなのでした。

今晩のおかずは、目の前の海で獲れたばかりのタコをしゃぶしゃぶで

今晩のおかずは、目の前の海で獲れたばかりのタコをしゃぶしゃぶで

北海道といえばグルメ。獲れたての海の幸を使った藤田さんの料理は絶品!

北海道といえばグルメ。獲れたての海の幸を使った藤田さんの料理は絶品!

Special Thanks

Avii Wave(アビイウェーブ)
http://www.aviiwave.com/

若き代表・西村伸人さんは北海道の海ならお任せの道産子ガイド。
特にトドの海で修業を積んだ経験を活かし毎年トドツアーを開催している。
その他、きめ細かいケアに定評のある(ケーキ作りと料理が得意♪)矢野達也さん、撮影のことならお任せの大川拓哉さんなど、どんなダイビングスタイル、講習にも対応できる布陣で完全サポート。

積丹半島を中心に潜っているが、今回ご紹介したトド・ダイビング、北海道マガジンPART2でも紹介する知床の流氷ダイビング、淡水ダイビングの支笏湖などなど、札幌拠点に北海道を広く潜っている。

北海道ダイバーはもちろん、一度北海道を潜ってみたいと思っている北海道以外のダイバーも、札幌の観光やグルメも楽しみたいならオススメ。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-26
tel:011-788-9832
support@aviiwave.com

商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/

北海道へのダイビングツアー、カーフェリーがおすすめ!
さんふらわあ号によるカーフェリーがおすすめな理由は…

・エアと比べてもリーズナブルな料金
・ダイビング器材とカメラ機材の持ち運び
・レストランやラウンジのほか、展望浴場、ゲームセンター、マリンシアターと充実の施設
・“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士の賑やかな移動

Information

夏の北海道を潜る!オーシャナ×アビイウェーブスペシャルプラン

夏の北海道を潜って遊ぶスペシャルプランを、アビイウェーブがオーシャナ読者のために送るラインナップ。
送迎もある嬉しいプランなので、札幌を楽しみたい人も、空港から直接潜りにいきたい人も、この機会に北海道の海を欲張ろう!

1.日本一きれいな湖でダイビング 支笏湖

日本一きれいな水といわれる不凍湖「支笏湖」。透明度抜群の水で、水草や倒木といった、湖ならではのシーンを楽しめる。ダイビング後は温泉やジンギスカンも楽しめる!
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

ウニがおいしい季節! 積丹半島

水温が20度を超えるベストシーズンの夏の積丹半島。札幌で遊びながら、日帰りで潜れる嬉しいプラン。
ドライスーツを着たことのない人に向けたレンタルや講習も開催!そして、なんといっても夏の積丹半島といえば、ウニで有名。アフターダイビングでこぼれるようなウニ丼なんて最高かも(よだれ、よだれ)。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

トド&流氷&グルメ 北海道いいとこ取りツアー

取材班がリサーチしたトドと知床の海を中心に、2014年2月、北海道のグルメ、流氷を見ながらの温泉、観光スポットまで、一挙に楽しんでしまおうと欲張りなツアーを企画しました。トドだけ、流氷とクリオネだけの途中参加も可能なので、この機会に、ダイバー目線で北海道のいいとこ取りしましょう!
詳細はこちらのページをご覧ください。
トド&流氷&グルメ北海道いいとこ取りツアー | オーシャナ(現在、ページ作成中です)

ページトップへ