ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Hokkaido / 北海道

トド!北海道積丹半島、幌武意 part1 かいじゅうのすむ海

北海道のウェブマガジン、第1弾はトド!

Text
寺山 英樹
Photo
越智 隆治
取材協力
Avii Wave(アビイウェーブ)
Special Thanks
商船三井フェリー、ゼムハウス
Design
Panari Design
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
201306_hokkaido_todo_325_230px

積丹半島の幌武意。
長くダイバーをやっている人の耳には「トドがいっぱい見られる海らしい」と噂が入ってくるものの、情報も少なく、謎のベールに覆われていた。

そこで、オーシャナ取材班は、実態を確かめるべく、海獣をライフワークに撮り続けている越智カメラマンと共に北の大海へ向かった。

トドに逢える海は
意外なほど近かった。

“海獣に逢う”という非日常感から、てっきり北海道の奥地にあると思っていたが、札幌にあるダイビングショップAvii wave(アビイウェーブ)にピックアップされ、小樽を経由し2時間ちょっと。
トドに逢える海、積丹半島・幌武意(ほろむい)に到着。

降りしきる雪の中、トドの海を目の前にしてやっと湧いてきた現実感。
北の海でトドに逢う。

現地で出迎えてくれたのは、北海道・トドダイビングのパイオニアであるゼムハウスの藤田尚夫さん。
アビイウェーブオーナーの西村伸人さんの師匠でもあり、二人のオペレーションとガイドのコンビネーションでまずはトド・ウオッチングから。

札幌で出迎えてくれたのは、積丹半島を中心に北海道を広く潜るアビイウェーブの西村さん(中)と大川さん(右)。早速、北海道らしい帽子をかってみたが(左)、その正体は3P後に……

札幌で出迎えてくれたのは、積丹半島を中心に北海道を広く潜るアビイウェーブの西村さん(中)と大川さん(右)。早速、北海道らしい帽子をかってみたが(左)、その正体は次ページに…

トドがエサとなるニシンやホッケを求めて積丹半島にやってくるのは冬のシーズン。
アビイウェーブがツアーを開催しているのは12~2月で、取材班が訪れたのも2月。
最も高確率でトドに逢えるコアシーズンとのこと。

遭遇率が気になるところだが、正直なところ、大物につきものの、“All or Nothing”のギャンブル・ダイビング。
“The day”となるかどうかは神威岬の神のみぞ知る。

エサを追いかけ泳いでくるトドのコース上で待つというスタイルで、シーズンとして“線”で潜れば登場率は100%に近くても、年に一度の“点”で潜る場合、まさにその日がThe dayとなる幸運な人もいれば、毎年通っても、空振り…なんて人も。

粉雪舞い散る中、マッカ岬の西側に位置する港を出港し、岬を東側へ回り込んだ海域が最もトドの好む場所。
東側へ回り込めさえすれば遭える確率は7~8割だが、海況が悪いと岬を越えることも難しい。
なので、まずは岬越えが勝負のポイントとなる。

船上からは泳ぐトドの群れや岩場で休憩するトドが見られる。ちなみに、オットセイは上陸しない

船上からは泳ぐトドの群れや岩場で休憩するトドが見られる。ちなみに、オットセイは上陸しない

取材班も、ボートで5分ほどのマッカ岬の先端に近づいたところで、「風向きが北東に変わってしまったので、今日は岬の西側だな」と藤田さん。
初日は1本しか潜らなかったこともあり、空振りに終わったのでした。

しかし、今思えば、この空振りも本編を際立たせるための序章に過ぎず、衝撃のクライマックスは、翌日いきなり訪れるのでした……。

僕と同じように、世界の海で海獣類を撮り続けている越智カメラマンにしても、やはりどこか非日常だったらしい。

「僕は、世界中で海獣類を撮影しているといっても、今まではどちらかといえば温帯から熱帯海域で撮影可能な生物がほとんど。
なので、雪が降りしきる北海道の海でトドに遭遇して撮影するって事が、彼らに会うまで、正直ピンと来ませんでした」

非日常感と半信半疑の気持ちを抱えて潜った積丹半島。
すべてはいとも簡単に目の前で起きた現実だった。

気温は氷点下。西村さんが「マイナス2度までは暖かい」と言っていて「何を言っているんだろう……」と思ったが、マイナス9度を経験してその意味を知る(笑)。マイナス2度までは手袋がなくてもイケる

気温は氷点下。西村さんが「マイナス2度までは暖かい」と言っていて「何を言っているんだろう……」と思ったが、マイナス9度を経験してその意味を知る(笑)。マイナス2度までは手袋がなくてもイケる

Special Thanks

aviiwave_20130615
Avii Wave(アビイウェーブ)
http://www.aviiwave.com/

若き代表・西村伸人さんは北海道の海ならお任せの道産子ガイド。
特にトドの海で修業を積んだ経験を活かし毎年トドツアーを開催している。
その他、きめ細かいケアに定評のある(ケーキ作りと料理が得意♪)矢野達也さん、撮影のことならお任せの大川拓哉さんなど、どんなダイビングスタイル、講習にも対応できる布陣で完全サポート。

積丹半島を中心に潜っているが、今回ご紹介したトド・ダイビング、北海道マガジンPART2でも紹介する知床の流氷ダイビング、淡水ダイビングの支笏湖などなど、札幌拠点に北海道を広く潜っている。

北海道ダイバーはもちろん、一度北海道を潜ってみたいと思っている北海道以外のダイバーも、札幌の観光やグルメも楽しみたいならオススメ。

札幌市白石区南郷通7丁目北5-26
tel:011-788-9832
support@aviiwave.com

sunflower_20130615
商船三井フェリー
http://www.sunflower.co.jp/

北海道へのダイビングツアー、カーフェリーがおすすめ!
さんふらわあ号によるカーフェリーがおすすめな理由は…

・エアと比べてもリーズナブルな料金
・ダイビング器材とカメラ機材の持ち運び
・レストランやラウンジのほか、展望浴場、ゲームセンター、マリンシアターと充実の施設
・“プライベート空間”であるマイカーで、仲間同士の賑やかな移動

Information

oceana_hokkaido_20130615
夏の北海道を潜る!オーシャナ×アビイウェーブスペシャルプラン

夏の北海道を潜って遊ぶスペシャルプランを、アビイウェーブがオーシャナ読者のために送るラインナップ。
送迎もある嬉しいプランなので、札幌を楽しみたい人も、空港から直接潜りにいきたい人も、この機会に北海道の海を欲張ろう!

1.日本一きれいな湖でダイビング 支笏湖

日本一きれいな水といわれる不凍湖「支笏湖」。透明度抜群の水で、水草や倒木といった、湖ならではのシーンを楽しめる。ダイビング後は温泉やジンギスカンも楽しめる!
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

ウニがおいしい季節! 積丹半島

水温が20度を超えるベストシーズンの夏の積丹半島。札幌で遊びながら、日帰りで潜れる嬉しいプラン。
ドライスーツを着たことのない人に向けたレンタルや講習も開催!そして、なんといっても夏の積丹半島といえば、ウニで有名。アフターダイビングでこぼれるようなウニ丼なんて最高かも(よだれ、よだれ)。
詳細はこちらのPDFをご覧ください。

トド&流氷&グルメ 北海道いいとこ取りツアー

取材班がリサーチしたトドと知床の海を中心に、2014年2月、北海道のグルメ、流氷を見ながらの温泉、観光スポットまで、一挙に楽しんでしまおうと欲張りなツアーを企画しました。トドだけ、流氷とクリオネだけの途中参加も可能なので、この機会に、ダイバー目線で北海道のいいとこ取りしましょう!
詳細はこちらのページをご覧ください。
トド&流氷&グルメ北海道いいとこ取りツアー | オーシャナ(現在、ページ作成中です)

ページトップへ