ウェブマガジンWEBMAGAZINE

Ishigaki / 石垣島

石垣島ランキング

石垣島を愛するダイビングショップ15店が選出

Photo & Text
Takaji Ochi
Edit
Satomi Kikuchi
Design
tomatodesign
PDFウェブマガジン 無料ダウンロード
ishigaki15_2018_325_226

Ishigaki / 石垣島

石垣島ランキング

石垣島を愛するダイビングショップ15店が選出

Photo & Text
Takaji Ochi
Edit
Satomi Kikuchi
Design
tomatodesign
HTML WEB MAGAZINEを見る
ishigaki15_2018_325_226

これは外せない!

人気生物ランキング

5位以下の小さな生物たち

5位からは小さな生物が続く。

小さいと言っても群れで動く景観が迫力満点のスカシテンジクダイやキンメモドキ。南国の優しい海の代名詞で、サンゴの根を覆い尽くすように群れているシーンが人気だ。「見ているだけで、ただただ美しい」(SEA-TRIP)、「春から夏にかけて、アウトリーフの洞窟の中などにいるスカシテンジクダイの群れは、動く壁です」(ぷしぃぬしま石垣店)、なんてコメントを見ると、すぐにでも潜りたくなってしまう。

根を覆い尽くし、雲海のように群れるスカシテンジクダイ

根を覆い尽くし、雲海のように群れるスカシテンジクダイ

また、ナカモトイロワケハゼは水深40m近くという少し深場に棲んでいる。その愛くるしさから、フォト派には大人気の生物。「本家なので……」( 石垣島ダイビングスクール)とのコメント。実は、このハゼを発見したのは石垣島ダイビングスクールの前のオーナーで、その方の名前がつけられている。知っていただろうか?

きれいな色合いで、フォト派ダイバーに絶大な人気を誇る、ナカモトイロワケハゼ

きれいな色合いで、フォト派ダイバーに絶大な人気を誇る、ナカモトイロワケハゼ

また、島の名前がついているイシガキカエルウオは、この島の“マクロの顔”と言ってもいいくらい人気の魚。
初夏に見られる、頭でっかちのかわいいい若魚や、顔を黒くして飛び跳ねるオスの求愛ダンスなど「とにかくかわいいの一言」(ダイブパラッパ)。

愛嬌のある表情とコミカルな動きで、し ばらく見ていても飽きない、イシガキカエルウオ

愛嬌のある表情とコミカルな動きで、しばらく見ていても飽きない、イシガキカエルウオ

ページトップへ