企画特集FEATURE

ダイビングの始め方・決定版!閲覧無制限

カテゴリ:知る

ダイビングの指導団体って?

ダイビングの指導団体とは?

ダイビングには、指導団体というものがあります。

指導団体とは、文字通りダイバーを育成・指導したりダイビングの裾野を広げるための活動をしたりしている、営利もしくは非営利の団体です。
ダイビングのCカードは、この指導団体が発行しています。
インストラクターになる試験の合格認定も指導団体が行うため、各インストラクターは、必ずどこかの指導団体に所属していることになります(複数の指導団体の資格を取得しているインストラクターもいます)。

現在、日本だけでも30あまりのダイビング指導団体があり、団体によって理念・性格は少しずつ異なります。
そのため、Cカード講習のカリキュラムやスキルアップの内容・ランクも異なる部分があります。

指導団体がどこかを気にしすぎなくてOK

よく、以下のような懸念をされる方がいらっしゃいます。
「有名ではない、マイナーな指導団体のCカードだと潜れないダイビングスポットがあるのでは…」

現在、主要な指導団体のCカードなら国内・海外の海で断られることはほぼありません(このページの下部に主要な指導団体リストを記しておきます)。
そして、日本のダイビングショップ・インストラクターは、ほとんどが主要な指導団体に所属しています。

そのため、あまりにマイナーな指導団体でない限り、そこまで気にしなくていいでしょう。
指導団体がどこかで選ぶよりもむしろ、ショップの雰囲気・対応やインストラクターの性格・相性をより重視することをおすすめします。

一つの指導団体の中でも、あなたに合うショップもあれば、合わないショップもあるでしょう。
これから実際にCカードを取得してダイビングを続けていく際に、直接関わるのは指導団体ではなくショップやインストラクターですので、そちらを重視するようにすることをおすすめします。

指導団体によってランクの呼び方が違います

Cカードを取得した、つまりダイバーとして認定されるランクは、指導団体によって呼び方が異なることがあります。
とはいえ、呼び方は違っても、基準とされるレベルはほぼ一緒です。
「水深18mまでを、バディシステムを守りながら、リーダーの引率なしにダイビングができること」です(指導団体によって、多少異なる部分もあります)。

ただ、日本人のダイバーが全員、Cカードを取得してすぐにリーダーの引率なしにダイビングができるかと言うと、なかなかそうはならないのが現状です。
その点についてはもっと細かい話になってしまいますので、ここでは「指導団体によってカード・ランクの呼び方は違う」「ただし、指導団体がどこかを気にしすぎることはない」ということを覚えていただければと思います。

それぞれのランクの呼び方などについては、各指導団体のウェブサイトをご覧ください。

日本の主要な指導団体一覧(アルファベット順)
ADS http://www.ads-i.org/ads_newindex.html
BSAC http://www.bsac.co.jp/
CMAS=JEFF(CMAS) http://www.jeff-c.com/
JCS(CMAS) http://www.japan-cmas.co.jp/
JP(日本職業潜水教師協会) http://www.jp-international.net/
JUDF http://www.judf.net/
NASDS http://www.nasds.net/
NAUI http://www.naui.co.jp/
PADI http://www.padi.co.jp/
SSI http://www.ssijp.net/

ページトップへ